「お楽しみワークショップ」           「折り紙3Dボックスをつくろう」

「不思議な3Dボックス」をつくりました

箱の中をのぞくと、、、ビルが立体的に見える「不思議な3Dボックス」を作りました。

紙をサイコロのような箱(ボックス)にしますので、作業としては

(1)絵の輪郭に沿って、はさみで切り抜きます

(2)折り目をつけて、組み立てやすくします

(3)箱型に組み立てて、セロテープでとめて完成です。

そして、箱の角の穴の部分から中をのぞいてみると、

あら不思議!ビルが立体的に見えます。

短い時間での開催でしたが、たくさんの皆さんに楽しんでいただきました。

錯視を利用したものを見ると、人間の目と脳は「不思議だなぁ」と感じます。