沿革

設置の目的

科学の目覚ましい進歩に伴って産業は著しく発展し、私たちの生活は大きく向上してきた。
これらの産業を支える科学技術はますます重要となり、人間社会に対する直接的な影響を強める一方、その理解は複雑で難しいものとなっている。
そこで、千葉県立現代産業科学館は、子どもから大人までだれもが産業に応用された科学技術を体験的に学ぶことができる場を提供することを目的として設置された。 

 

沿革

1981年(昭和56) 千葉県第2次新総合5カ年計画に「千葉県立現代産業科学館(仮称)の設置」が盛り込まれる。
1988年(昭和63) 市川市から県へ建築用地が寄付される。
1989年(平成元) 設置準備委員会での検討を経て基本構想を策定する。展示の設計協議を行い,展示基本計画を策定する。
1990年(平成2) 展示基本設計を作成する。建築基本・実施設計を作成する。
1991年(平成3) 展示実施設計を作成する。杭打工事,建築本体工事に着工する。
1992年(平成4) 展示工事に着工する。
1993年(平成5)
6月30日
建築工事が竣工する。
1994年(平成6)
1月31日
展示工事が竣工する。
1994年(平成6)
4月1日
機関設置される。
1994年(平成6)
6月15日
開館する。 
1996年(平成8) 
3月2日
入館者50万人を達成する。
1997年(平成9)
8月28日
入館者100万人を達成する。
1999年(平成11)
3月25日
入館者150万人を達成する。 
2000年(平成12)
8月15日
入館者200万人を達成する。
2002年(平成14)
2月11日
入館者250万人を達成する。
2003年(平成15)
7月13日
入館者300万人を達成する。 
2004年(平成16)
3月31日
全天周型大型映像上映を停止する。
2005年(平成17)
10月28日
入館者350万人を達成する。
2008年(平成20)
8月26日
入館者400万人を達成する。
2011年(平成23)
8月27日
入館者450万人を達成する。
2014年(平成26)
8月18日
入館者500万人を達成する。

 

千葉県立現代産業科学館 外観現代産業科学館 桜の時期

このページのお問い合わせ先
現代産業科学館