大多喜城分館 石井友菜

プロフィール 

水野大樹

氏名 石井 友菜(いしい ゆうな Yuuna ISHII)
所属等 大多喜城分館 研究員
専門分野 日本考古学(古墳時代)

研究テーマ

  • 古墳時代の千葉県
  • 古墳時代のものづくり

 

研究内容 

千葉県の古墳から発見された副葬品(ふくそうひん)が、いつ、どこで、だれによって、どのような技術で作られたのかについて調べています。

 

研究成果

「常総型石枕・立花研究の一視点―立花受孔の分析から―」(『史観』第183冊、2020年)
「石釧の穿孔技術研究試論―内孔形状の定量分析をもとに―」(『月刊考古学ジャーナル』No.741、2020年)

 

メッセージ

遺跡から出土したものを手にとってながめていると、精工なつくりに驚かされることが多いですが、ときには失敗?のような痕跡を見つけることがあります。そんなときは、ふだんはどこか遠い存在のように思えるむかしの人々のことが、身近に感じられます。みなさんもぜひ、博物館の展示品をじっくりながめてみてください。