「オリンピック・パラリンピック」と千葉のスポーツ史 (6)1964オリンピックから東京2020オリンピック・パラリンピックへ

 これまで多くの国・都市でオリンピック・パラリンピックが開催され、それぞれ時代や地域の特色を反映した大会となってきました。                   
 アジアで初の開催となった1964年東京大会は、新幹線や高速道路などの交通網や競技施設が整備され、東京は大きく変貌し、戦後復興した新しい日本を世界にアピールしました。それから50年以上の年月を経て、東京2020オリンピック・パラリンピックは、どのような有形・無形のレガシー(遺産)を未来に残すのでしょうか。主な競技会場が集中する東京ベイエリアや、千葉県で開催される競技などに注目しながら、1964年から2020年への変化を見ていきます。

        From the 1964 Tokyo Summer Games to the Olympic and Paralympic Games Tokyo 2020.  Many cities have hosted the Olympic and Paralympic games, each of which reflected their times and local characteristics. The 1964 Tokyo Games were the first Olympics held in Asia, and Tokyo underwent a drastic transformation. Japan’s post-war comeback was demonstrated through its transportation network of bullet trains and expressways and the newly developed sports facilities. More than 50 years on, what legacies, tangible or intangible, will the Olympic and Paralympic Games Tokyo 2020 leave for the future? This section shows how Tokyo and its surrounding areas have been, and will be, transformed between 1964 and the start of the Games in 2020, especially focusing on the Tokyo Bay area where the main venues are concentrated and also the sports and events featured in Chiba prefecture.