環境教育研究科 林浩二

プロフィール 

林浩二

氏名 林 浩二(はやし こうじ Kozi HAYASHI)
所属等 環境教育研究科 上席研究員
専門分野 環境教育・植物生態学・博物館教育

研究テーマ

  • 持続可能な社会のための教育と博物館(普遍研究課題)

 

研究内容 

国際的にまた国内でも関心を集めている「持続可能な開発のための教育(ESD)」あるいは「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成に向けて、博物館として何ができるか、具体的な活動から探る。

研究成果

林 浩二,2022.連載 博物館と社会を考える(12)国際博物館会議(ICOM)の博物館定義の改定と博物館法の一部改正.市民研通信(66): 12p .(ウェブ公開) 
林 浩二, 2019. 同連載(10)京都で開催された国際博物館会議ICOM大会.市民研通信(54): 9p.(ウェブ公開) 
林 浩二,2018.同連載(9) ツールとしての持続可能な開発目標(SDGs).市民研通信(44): 10p.(ウェブ公開) 
林 浩二,2017.地域のESDと博物館・図書館・公民館の連携.社会教育(857): 32-37 2017年11月号.
林 浩二,2014.(第26章)博物館におけるインタープリテーション. in 津村俊充・増田直広・古瀬浩史・小林毅(編)インタープリター・トレーニング.ナカニシヤ出版.108-111.
古瀬浩史・林浩二・萩原裕作・川嶋直・森恭一,2014.小林 毅と日本のインタープリテーション.帝京科学大学 紀要 10: 1-14.(ウェブ公開あり)

メッセージ

生態園の園路にある写真と短い説明文による解説版は、来園者のみなさんから応募いただいた作品です。
2022年夏には生態園トピックス展「生態園ギャラリー」を開催します。生態園においでのみなさんから作品を応募いただいて一同に展示して、来園者のみなさんの投票で優秀作を選びます。応募・投票にふるってご参加ください。