トピックス展「牧野富太郎生誕150年記念展」

トピックス展「牧野富太郎生誕150年記念展」

~ 本展示は終了しました ~

 

会期:平成24年11月16日(金)〜12月26日(水)
会場:千葉県立中央博物館 本館生物展示室前

日本の植物学に多大な貢献をした牧野富太郎博士は,文久2年(1862年)4月24日に高知県に生まれ,昭和32年(1957年)に94歳で亡くなりました.明治から昭和にかけて一貫して日本の植物学をリードした人です.東京帝国大学理科大学講師をつとめただけでなく,アマチュア研究者の育成指導にも熱心で,千葉県各地でもたびたび植物採集会を行いました.

この牧野博士の生誕150周年を記念して,当館所蔵の牧野博士関係資料,たとえば1890年に市川市国府台で牧野博士が採集したコゴメガヤツリの標本や牧野博士の著作文献を展示し,千葉県の植物研究黎明期のようすを紹介します.

牧野富太郎肖像

牧野富太郎肖像
(写真提供:高知県立牧野植物園)