恐竜ミュージアム in ちば

バナー

 開催期間 平成30年7月14日(土) 〜 9月24日(月・休)

 休館日 9月3日(月), 9月10日(月), 9月18日(火)

白亜紀の恐竜「マイアサウラ」と、ジュラ紀の恐竜「カマラサウルス」の実物全身骨格が中央博物館にやってきます!恐竜のいろんな知識が学べる展示コーナーでは、「恐竜ってなんだ?」「恐竜の歯」「恐竜の爪」「恐竜大きさくらべ」「恐竜の仲間わけ」 「ティラノサウルスの仲間」などについて、マンガを使って楽しく紹介します。このほか、日本で発見された恐竜時代の貝やアンモナイト、カメ、トカゲ、哺乳類、昆虫などを多数展示し、新種として認定されたタイプ標本を初公開します。恐竜とその時代の生き物たちの化石を通して、太古の世界を感じてください。

<展示内容>

  • 本物の恐竜化石を観察しよう! 
  • 恐竜ってなんだ? 
  • 恐竜の歯
  • 恐竜の爪
  • 恐竜の仲間わけ
  • 恐竜大きさくらべ
  • ティラノサウルスの仲間
  • 白亜紀の陸の生き物
  • 白亜紀の海の生き物
  • マンガで学ぼう!恐竜学

関連行事はこちら

 


本物の恐竜化石を観察しよう!

実物化石を用いて復元されたマイアサウラの全身骨格(体長6.5m)を、エントランスホールに展示します。色々な角度からマイアサウラを観察してください。

マイアサウラ所蔵:国立科学博物館 

カマラサウルスの全身骨格(体長4.6m)を第1企画展示室のフロアに展示します。実物化石で組み立てられたこどものカマラサウルスは、世界に一体しかない貴重な標本です。

カマラサウルス所蔵:群馬県立自然史博物館

 

恐竜ってなんだ?

トカゲ、ワニ、恐竜、ダチョウ、ヒトなどの骨格標本を用いて、その違いをを解説します。

 

恐竜の歯

恐竜の歯の形は、恐竜の種類によって実に多様です。代表的な恐竜の歯の形や大きさの違い、そこから推定される食べ物について、解説します。

ティラノサウルス  スピノサウルス   ディプロドクス              

左:ティラノサウルス(実物、所蔵:ミュージアムパーク茨城県自然博物館)(スケールは1 cm

中:スピノサウルス(実物、個人蔵)(スケールは1 cm

右:ディプロドクスの上顎(実物、所蔵:ミュージアムパーク茨城県自然博物館)(スケールは1 cm 

 

恐竜の爪

恐竜の指先にある鋭く尖った「爪」。実は、本当の爪ではなく、骨(末節骨)なのです。爪と末節骨の関係を、鳥と比較して、恐竜の爪の大きさを想像してみましょう。また、いろいろな恐竜の末節骨を比べ、爪の役割についても考えます。

デイノニクステリジノサウルス

左:デイノニクス全身骨格(レプリカ、所蔵:群馬県立自然史博物館)

右:テリジノサウルスの前足(レプリカ、所蔵:ミュージアムパーク茨城県自然博物館)(スケールは10 cm

 

恐竜の仲間わけ

2017年、恐竜の2大系統「竜盤類と鳥盤類」という分け方を見直す新しい仮説が発表されました。恐竜の仲間わけの新しい考え方を、従来の考え方と比較します。

旧系統図

恐竜の系統図(今までの考え方とあたらしい考え方)(作成:大橋智之 氏)

 

恐竜大きさくらべ

アルゼンチノサウルスやブラキオサウルスの脊椎骨や肩甲骨などを展示。また、ミクロラプトルなどの小型恐竜について、鳥類との骨格の類似点を解説。

 

ティラノサウルスの仲間

日本から発見されたティラノサウルス類の先祖の歯の化石や、進化した大型のティラノサウルス類について、その頭骨や歯の特徴を解説します。

ジェーンタルボサウルス

左:ティラノサウルス若年個体全身骨格(レプリカ、所蔵:パレオサイエンス)

右 タルボサウルス頭骨と頸部(レプリカ、所蔵:神奈川県立生命の星・地球博物館)

 

白亜紀の陸の生き物たち

石川県白山市にある国指定の天然記念物「桑島化石壁」から発見され、新種として記載された生き物について、その新種認定の基準となるタイプ標本を18点も展示します。新種のトカゲ「ハクセプス」は、2003年に中央博物館の化石発掘イベントで発見された標本(PDF文書:519KB)で、今回15年ぶりに展示されます。

カガナイアス

カガナイアス(トカゲ類、タイプ標本、所蔵:白山市教育委員会)

ショウカワ

ショウカワ(コリストデラ類、タイプ標本、所蔵:大野市教育委員会)

ハクセプス

ハクセプス(下顎)(トカゲ類、タイプ標本、所蔵:白山市教育委員会)(スケールは1 cm

石川県白山市桑島化石壁から新属新種の両生類化石が発見され、その種に当館の主任上席研究員・伊左治鎭司の名前にちなんだ学名が命名されました。学名のうち種小名のイサジイは、長年にわたる桑島化石壁の研究への貢献に対して、伊左治の名前が献名されたものです。

 化石壁産出の両生類化石に学名がつきました(白山市のページ)

 学芸員の松本による新種の絶滅両生類に関する共同研究の成果が学術誌に掲載され、白山市が記者発表を行いました(神奈川県立生命の星・地球博物館のページ)

 

白亜紀の海の生き物たち

銚子半島の海岸は、白亜紀の化石産地として知られています。アンモナイトと巻貝、二枚貝については、千葉県から初めて発見された新種のタイプ標本18点を公開します。また、展示の目玉として、「恐竜かもしれない骨」の化石を初公開します! また、このコーナーでは、銚子ジオパークの見どころや活動も紹介します。

    ホルコディスクスネオシレステス

 左:ホルコディスクス・オオジイ(タイプ標本、所蔵:国立科学博物館)(スケールは1 cm

右:ネオシレシテス・ハギワライ(タイプ標本、所蔵:国立科学博物館)(スケールは1 cm

 ハヤミア     ピエッテイア  

左:ハヤミア・レックス(タイプ標本、所蔵:国立科学博物館)(スケールは1 cm

右: ピエッテイア・クレタセア(タイプ標本、所蔵:国立科学博物館)

 

マンガで学ぼう!恐竜学

漫画家  森本はつえさんの描く恐竜マンガ「爆笑BADLAND」は、恐竜の基本から最新の研究の話題まで、内容が盛りだくさん! 「爆笑BADLAND」をよんで、恐竜クイズに挑戦しよう

 


<関連行事>

⭕️恐竜の絵をかこう!(当日受付 定員なし)

  714日(土)〜16日(月祝)

⭕️恐竜マンガ教室(当日先着90名)

  85日(日)講師:森本はつえさん(漫画家)

4種類

かっこよく恐竜をかくためのポイントを伝授していただけます!

 

⭕️恐竜骨格復元教室(事前申し込み60名 *材料費800円、入場料必要)

  813日(月)講師:徳川広和さん(恐竜造形作家)

兵庫県から発見された「丹波竜」の骨格シールを組み立てて、全身の骨格を復元します。

 

⭕️恐竜くんトークショー(当日先着150名 *入場料必要)

  99日(日)講師:恐竜くん

⭕️講演会(当日先着150名 *入場料必要)

  729日(日) 銚子ジオパークの魅力  

    講演者:銚子ジオパーク推進協議会 岩本直哉さんほか

  812日(日) 日本の恐竜、世界の恐竜   

    講演者:髙桒祐司さん(群馬県立自然史博物館) 徳川広和さん(恐竜造形作家)

  819日(日) 最新恐竜学  

    講演者:真鍋真さん(国立科学博物館) 

⭕️ミュージアム・トーク

  特別展期間中の毎週土曜日に、研究員による展示解説を行います。

⭕️化石を学べる体験イベント&教室

 「化石発掘たいけん」をはじめ、特別展期間中は化石を学べる体験イベント&教室が盛りだくさんです。