資料の収集

資料収集活動

千葉県を主な収集地域としていますが、県内、国内に限らず、世界各地の資料も収集しています。貴重な個人コレクションを寄贈していただくこともあります。

訪花性昆虫の長竿採集

長竿を使って訪花性昆虫を採集する(千葉県)

昆虫の灯火採集

夜間光に集まる昆虫を採集する(千葉県)

 

商業的な価値のないエビやカニを探す
 

ヤビーポンプによる採集

とんとこ網(底引き網の一種)で漁獲されたエビ類の
中から商業価値のないエビやカニを探す(鹿児島県)


ヤビーポンプを使って巣穴に棲んでいるテッ
ポウエビ類やスナモグリ類を採集(沖縄県)

 

収集の基本方針

千葉県立中央博物館は、県民の自然と歴史に関する知的需要にこたえ、その生涯学習に貢献するとともに、科学の進歩に寄与することを目的として設置された。そのために、次のような資料や情報を収集保存し、県民共有の資産として活用を図りつつ、未来に伝えることを大きな目標のひとつとするものである。

 

1 千葉県(房総)関係資料

 1)千葉県の自然と歴史に関する博物館資料、及び関連する図書等(文字記録、画像、音声等)
 2)千葉県において採取、収集された資料
 3)千葉県の自然と歴史の研究史上重要な資料・コレクション
 4)千葉県にゆかりのある研究者のコレクション、著作並びに関連資料
 5)千葉県の自然と歴史に関する展示及び教育普及活動のための資料

 

2 研究基礎資料

千葉県の自然と歴史を調査研究する上で重要な国内外の資料・コレクション

 

収集の方法

学芸員自身によるそれぞれの専門分野の資料を収集するだけでなく、購入、寄贈、交換、製作などにより収集しています。