コレクション展「春過ぎて夏来たるらし -夏の風物詩-」

概要

 本展では、初夏の展示時期にあわせて、時候、天象、地象、植物、動物、生活などの区分で、夏の季節感や風俗などを捉えた作品を紹介し、懐かしい風景や遊び、生活習慣などの描写を通して、夏の魅力を伝えます。 

展示期間  令和4年5月 28日(土)〜7月 18日(月・祝)
料  金

 第2期コレクション展共通券
 一般 300(240)円
 高・大生 150(120)円
 ※(   )内は20名以上の団体料金

 中学生以下・65歳以上・障害者手帳をお持ちの方と介護者1名は無料

展示作品

《夏園少年》
 古川 弘
 1949年
 当館蔵

《庭の木陰》
 大久保作次郎
 1916年
 当館蔵

※ご来館、ご見学に当たっては、「新型コロナウイルス感染拡大防止へのご協力のお願い」をご覧ください。