令和2年度 魔法の手 ロッカクアヤコ作品展

本展のみどころ

main

ロッカクアヤコ《Untitled》2020年

 

1.世界的に評価を受けるロッカクアヤコの国内公立美術館で初の大規模な作品展

2.未発表の作品を中心に、最新作約160点を展示

3.千葉県立美術館の広い展示空間を生かした7mの大作

4.「形」にこだわった新しい試み
 (1)展示室を浮遊する「宇宙戦争」
 (2)自然の風合いとカラフルな色彩が響き合う一輪挿し「フラワーベース」
 (3)アダチ版画研究所とのコラボレーションによる木版画作品

 

概要 

portrait01

作品制作風景

portrait03

 

 

 ロッカクアヤコ(1982年~)は千葉市出身のアーティスト。20歳頃から独学で絵を始めて、絵筆を使わず手に直接絵の具をつけて、段ボールやキャンバスに描く独特のスタイルを確立します。村上隆氏の主宰するアート・イベントGEISAIに参加し、2003年と2006年にスカウト賞を受賞して以降評価を高め、2011年、オランダのクンストハル美術館、2012年、スロバキアのメレンスティーン・ダヌビアーナ美術館でそれぞれ大規模な個展を開催。世界的に注目を集め、アムステルダム、ベルリンを経て、現在はポルトを拠点に活動しています。

 ロッカクは初期から一貫して、手の直接の手触りの中でイメージを発見し、勢いある自在なタッチとネオンカラーのカラフルな色彩により、どこともつかないランドスケープを漂う大きな目の少女を描きます。背景の色彩はどんどん溢れ出るように動きを増し、みずみずしい輝きを放つ色彩世界を作り出します。

 さらに、ロッカクは本展で、宇宙戦争をテーマにしたシェイプド・キャンバスシリーズや、フラワーベースなどさまざまな「形」に取り組み新たな境地を見せます。

 本展は、当館での滞在制作を含む未発表の新作約160点で構成する、国内の公立美術館では初の大規模な作品展です。

 

主な展示作品

work01

ロッカクアヤコ《Untitled》2020年

work02

ロッカクアヤコ《Untitled》2020年

work03

ロッカクアヤコ《宇宙戦争》2020年

work04

ロッカクアヤコ《宇宙戦争》2020年

work05

ロッカクアヤコ《フラワーベース》2020年

 

 

 

 

主催 千葉県立美術館
特別協力 GALLERY TARGET
協力 ペリエ千葉

 

日時 令和2(2020)年10月31日(土)〜令和3(2021)年1月11日(月・祝)
9:00〜16:30
会場 第3・8展示室
入場料

<コレクション展・魔法の手 ロッカクアヤコ作品展共通>
一般300円/高・大150円
65歳以上、中学生以下、障害者手帳をお持ちの方及び介護者1名は無料
*20名以上は団体料金(それぞれ2割引き))

※文化の日(11月3日)は入場料が無料となります。

 

このページのお問い合わせ先
美術館