北詰コレクション メタルアートの世界IV

概要 

 この展示室では、〈金工作家とモチーフ〉をテーマとして、北詰コレクションを中心とした金工作品を紹介します。 

 コウモリ・ゾウ・ラクダなどのオリエント・アジアの国々から伝来した動物モチーフや、龍・獅子・鳳凰・麒麟などの人間が作り出した架空のモチーフ、縁起の良い吉祥モチーフとなった動植物をはじめ、偉人・佳人・児童などの人物や、雷文・唐草文・アラビア文、片輪車文などの文様、アール・デコや構成主義の影響を受けたモダンな形態の作品などを、9つのコーナーで紹介します。

主な展示作品

  • 岡部達男《童児遊戯花瓶》制作年不詳 千葉県立美術館蔵
  • 沼田一雅《礼装の象》制作年不詳 千葉県立美術館蔵

     
日時

 2020(令和2)年1月28日(火)〜2020(令和2)年4月12日(日)

会場  第8展示室
入場料  <アート・コレクション共通>
 一般300円/高・大150円
 65歳以上、中学生以下、障害者手帳をお持ちの方及び介護者1名は無料
 *20名以上は団体料金(それぞれ2割引き)

メタル1

岡部達男《童児遊戯花瓶》制作年不詳  

メタル2

沼田一雅《礼装の象》制作年不詳

 
 
 
このページのお問い合わせ先
美術館