千葉の新進作家vol.1 志村信裕 -残照-

概要

千葉県ゆかりの新進気鋭の作家を紹介し、同時代の美術に親しむ展覧会シリーズ。初回となる今回は、千葉県在住の美術家・志村信裕の作品を展示します。志村は、日用品や動物など子どもから大人まで誰にでも親しみやすいものをモチーフに、自らの視点で「過去」を探る映像作品を制作しています。初期の映像インスタレーションでは、身近なモチーフの大きさを拡大・縮小することで見る人の記憶を揺さぶり、現実とも夢ともつかない時空を生んできました。それぞれの作品におけるモチーフや投影対象は、発表当時の展示空間が持つ歴史を志村がリサーチし選びぬいたものです。

近年は制作方法を変え、ドキュメンタリーの手法を取り入れて国や地域を超えた普遍的なモチーフを糸口にしたフィールドワークを行っています。本展では“羊”をめぐってフランス・バスク地方と千葉県成田市に取材した新作《Nostalgia, Amnesia》を展示します。近代化の影で失われゆく歴史や文化を次の世代へと伝えるべく編まれた本作は、志村の手わざによってどこか現実離れした美しい世界を映しだします。映像という無数の光の粒と共に「過去」という途方もない時間に向き合うことで、逆説的に「未来」のありかたを問いかける志村の仕事を、初期から現在までご紹介します。

主な展示作品

  • 《jewel》 2009年
  • 《bucket garden》 2012年
  • 《光の曝書》2014年
  • 《Dress》2015年
  • 《Nostalgia, Amnesia》2019年
日時

 2019(令和元)年7月13日(土)〜9月23日(月・祝)

会場  第1・2・8展示室
入場料  <アート・コレクション共通>
 一般300円/高・大150円
 65歳以上、中学生以下、障害者手帳をお持ちの方及び介護者1名は無料
 *20名以上は団体料金(それぞれ2割引き)

 

 

shimura01

《光の曝書》
2014年
Courtesy of Yuka Tsuruno Gallery

 

shimura02

《Nostalgia, Amnesia》
2019年
Courtesy of Yuka Tsuruno Gallery
 
 
このページのお問い合わせ先
美術館