千葉県立中央博物館 大多喜城分館   

 

 
収蔵資料検索
 
おすすめコンテンツ

デジタルミュージアム
 
メールマガジンのご案内

中央博サークル
 
 

新収蔵資料展のようすです

 この薙刀(なぎなた)は寛文年間(1661~1673)の飛騨守藤原氏房の作によるものです。ぜひご来館されて見事な作風をじっくりご覧ください。

 
 この脇差は、本来、大切先の刀であったものを切り詰めて短くしたものです。