企画展担当学芸員のオススメ

企画展担当学芸員のオススメ<その2>

 今回ご紹介するのは、万祝の展示ケースの最初に掲示してある漁師の写真です。
 この写真は鴨川市の前原海岸で撮影されたものです。万祝を着た漁師の横顔は日焼けし、俳優の刈谷俊介さんにどことなく似た風貌で、肩には一升瓶を掛け、左手には漁で取れた魚を手にしています。これから宴会でも開くのでしょうか?
 この漁師が着ている万祝と同じものが写真の隣に展示してあります。左裾に描かれた扇子には「昭和八年 鴨川漁場」の文字が見られます。また、裾にはブリやタイも描かれ、漁が盛んであった様子が偲ばれます。当時は揃いの万祝を身にまとった漁師たちが大漁のお礼と、これからも豊漁が続くことを祈って神社に参拝したとされています。漁師たちが参拝の記念に撮影した写真も展示してありますので、ぜひご覧ください。


    鴨川市教育委員会 蔵 

 

このページのお問い合わせ先
大多喜城分館