企画展の関連事業のようす

これまで行われた企画展の関連事業を紹介します。

11月4日(日) 

天真正伝香取神道流(県指定無形文化財)の演武です。極意皆伝師範、大竹信利先生のもと、今回は主に外国の門下生たちが力強く華麗な技を披露していただきました。見学された方々もその迫力に圧倒されていました。

11月11日(日)

テレビ等でもおなじみの東京大学史料編纂所教授、本郷和人先生による講演会です。定員を上回る申し込みがあり、会場を一部広げたほどです。演題は「中世の房総を地理から考える」で先生からは熱のこもったお話をいただきました。

11月17日(土)

県立大多喜城高等学校茶道部によるお茶会です。茶道部には毎年の「さくら祭り」などでもお点前を披露していただいています。男子生徒も多く在籍しています。

11月24日(土)

甲冑師、甲冑研究者である豊田勝彦先生には、今回の企画展開催において多大なるご指導をいただきました。セミナーは「甲冑制作からわかる甲冑史」と題し、展示会場で行われました。熱心な参加者は先生に何度も質問するなど、とても充実した会となりました。

 

このページのお問い合わせ先
大多喜城分館