平成28年度企画展

平成28年度の企画展は「甦った受難の刀剣-千葉県の赤羽刀-」でした。

第二次大戦後、連合国軍最高司令官によって、東京都北区赤羽の米軍施設に没収された刀剣類を「赤羽刀」と呼んでいます。その後一部が所有権者に変換されましたが、所有権者不在の赤羽刀が千葉県内の公立博物館にも譲与され、その一部を今回展示したものです。

 

企画展関連行事として、真剣による演武が行われました。

「立身流(たつみりゅう)」第22代宗家加藤 紘氏と師範たちによる見事な演武にみなさん感動されていました。