連載日記 房総の海から塩を採る 

連載日記 房総の海から塩を採る 塩はこび 

ロゴ ロゴ2

当館職員が塩作りに挑戦します。房総の海に出かけ、試行錯誤しながらの挑戦の様子を連載していきます。

 

6月27日(月)晴れ 

0627F1

今日は乾燥したアマモを灰にします。
準備(1)乾燥アマモの重さを量る。
重さ=160g(アルミホイルを除く)

20627F2

(2)BBQコンロを準備します。
 炭を入れるところにアルミホイル
 を引きます。

30627F3

(3)乾燥アマモを(2)の上に
ふわりと広げ敷きます。
直接火を点火…しましたが火は燃え
広がらず。。。断念。

0627F4

(4)燃えなかった乾燥アマモは、アルミホイル
 ごと再び、後日天日干しへ。

0627F5

【海水ろ過】6月21日に別容器で常温
保存していた箱に残った茶色い海水を
ろ過する。

0627F6

ろ過した海水の量は塩分濃度は19.2%、
海水は740㎖
をペットボトルに移す。

 

6月25日(土)晴れ

0625F1

今日もアマモを天日干ししました。今日は40℃を超える晴天でした。

0625F2

アマモから落ちた塩。

 

6月23日(木)くもり

0623F1

アマモを完全に乾かすため、今日も天日干しをしました。アマモの表面に細かい塩が目立つようになってきました。

0623F2

今日もアマモは完全には乾きませんでした。

 

6月22日(水)くもり

0622F1

アマモを完全に乾かすため、今日からアマモの天日干しをはじめました。午前中の気温は30℃位でした。

0622F2

午後になっても、アマモは乾きませんでした。

 

6月21日(火)くもり

0621F1

今日も前回と同じように箱に溜まった海水を、計量カップを使って500㎖アマモにかけては天日干しをしました。箱に溜まった海水の塩分濃度は14%でした。

0621F2

アマモにかけていた箱に溜まった海水の量もだいぶ減ったので、今日でアマモに海水をかけるのを 終りにしました。残った茶色い海水は、別容器に入れ、日陰に常温で保存しました。

 

6月18日(土)くもり

0618F1

今日も昨日と同じ海水を500㎖アマモにかけました。

0618F2

アマモにかけている海水は、色が濃い茶色になり、量も減ってきました。

0622F3

干したアマモにはうっすら塩がついています。

0618F4

 

 

6月17日(金)くもりのち晴れ

0617F1

今日も前回と同じように箱に溜まった海水を、
計量カップを使って500㎖アマモにかけました。

0619F2

今日の塩分濃度は7.8%でした。

 

6月14日(火)くもり

0619F1

今日は風が強いので、アマモが乾きやすそうです。

0614F2

今日も日曜日と同じように箱に溜まった海水を、
計量カップを使って500㎖アマモにかけました。

 

6月12日(日)晴れ一時雷雨 

0612F1

昨日のアマモを洗った海水を、今日は計量カップを使って500㎖アマモにかけました。

0612F2

12時すぎ頃、突然の雷雨が…結構な大雨です。

0612F3

箱の蓋を2枚使って雨をガード。。
軒下があってよかった。。。

0612F4

1時すぎ頃雨があがり晴れてきました。

0612F5

これは塩分濃度を測る塩分濃度計です。

0612F6

今日の塩分濃度は6.2%でした。

 

6月11日(後半)(土)くもり時々雨

0611F5

のこりは、計量カップを使ってにごっていない部分をすくってザルへ移しろ過しました。

0611F5

ろ過し終わった海水の中に再度アマモを投入します。

0611F6

アマモを洗います。

0611F8

またアマモをザルに移し、さっきアマモを洗った海水を再びアマモにかけます。

 

6月11日(前半)(土)くもり

0611F1

今日で海から採取した海水を直接アマモにかけるのを終了します。

0611F2

海水をかけはじめてから今までの回数は、合計で20回になりました。

0611F3

次に、アマモにかけていた海水には砂やゴミが多く混ざっているため、ザルとキッチンペーパーを使ってろ過します。

0611F4

アマモにかけていた海水を直接ザルへ流し入れます。

 

6月9日(木)くもり時々晴れ

0609F1

今日も時間をおいて午前中に2回、午後3回500㎖の海水をアマモにかけ乾かしました。

0609F2

海水をかけた直後のアマモ。

0609F3

数時間放置し乾燥させたアマモ。

0609F4

アマモにかけた海水は、昨日より茶色が少し増したように見えます。

 

6月8日(水)くもり

0608F1

昨日は2回、今日は3回500㎖の海水をアマモにかけ乾かしました。海水をかけはじめてから累計で13回かけました。

0608F2

透明な海水をアマモにかけることで、少し茶色くなりました。

 

6月5日(日)くもり

0605F4

気温27.9℃(くもり時々晴れ)昨日に引き続き、2時間に1回500㎖の海水をアマモにかけ乾かしました。

0604F3

4回海水をかけ、天日干しを繰り返しました。
(9:05~15:40の間)

0605F1

今日、2回目に海水をかけた後の海水の塩分濃度は5.4%でした。

0604F2

ちなみに(下に溜まった海水の塩分濃度を測定)、前日の塩分濃度は5%でした。
※採取した海水の塩分濃度は3.6%です。

 

6月4日(土)晴れ 

0604F1

気温28℃(晴れ)収穫したアマモを広げると
ヨコエビ(海辺を跳ねる虫)が大量について
いました。

0604F2

収穫したアマモは、9:00~15:00まで天日
干しし、乾燥させました。ヨコエビも死滅。

0604F3

アマモは天日干し後12kgから3.3kgになり
ました。

0604F4

乾燥前のアマモを使って塩づくりをします。

0604F5

テンバコの上にザルを置き、その上にアマモ
を載せ、海水をかけて天日で乾かします。

0604F6

1~2時間に1度500㎖の海水をかけ、天日
で乾かす。それを5回繰り返しました。

 

6月3日(後半)(金)晴れ 

0603F1

12時すぎ頃の様子です。

0603F2

 

0603F3

アマモは、海藻ではなく、海にはえる海草の
仲間です。

0603F4

そして、根・茎・葉があり、花が咲き、種を作
ります。※このアマモは漂着物です。

0603F5

アマモは、砂質の海底に茂り、いろんな海洋生物のすみかになっています。この日は、ハゼの稚魚や蟹、ヤドカリや貝などを見る事ができました。

0603F6

アマモをクーラーボックスに12kg採取する
ことができました。

 

6月3日(前半)(金)晴れ 

塩汲み地図

関宿城博物館から、アマモと海水を富津海岸に採取に行ってきました。

F1

左の地図の矢印の部分がここです。

F1

海岸に沿ってアマモが打ちあがっていました。

F2

バケツにアマモを採取中です。

F2

海水採取風景です。

F3

海の博物館から勝浦の海水を分けていただきました。この海水を使って塩づくりをします。