河川敷の春だより 2021

今年もまた、河川敷の春だよりを皆さまにご報告する季節となってきました。昨年から今年にかけて新型コロナが猛威を振るい、外出もままならなくなってしまった昨今、一服の清涼剤としてお役に立てればと、昨年より少し早いご報告となりました。今年も河川敷周辺の花々の開花情報と季節によって移り変わる周辺の景色をお楽しみください。

2021年 河川敷の春だより

2月27日(土)

白梅1にこにこ水辺公園の駐車場の梅の花が賑わいを見せ始めました。

白梅2白い梅の花と空の青が美しいコントラストをみせてくれます。近づくと花のいい香りがしました。

菜の花土手の菜の花も増えてきました。

中之島公園の白梅中之島公園の白梅もほぼ満開と言ったところでしょうか?

2月19日(金)

サンシュユと梅にこにこ水辺公園のサンシュユが開花しました。白梅とのコントラストが美しいです。

紅梅と城0219庭園の紅梅が咲き始めました。開館したらぜひ紅梅越しの天守を見に来て頂けたら幸いです。

菜の花土手の菜の花も少しずつ咲き始めています。

白梅と城0219中之島公園の紅梅がそろそろ終わりを告げ、白梅が咲き始めていました。

2月14日(日)

サンシュユにこにこ水辺公園のサンシュユの花の蕾が膨らみ始めました。

オオイヌノフグリ2014オオイヌノフグリが土手に群生をつくっています。

白梅214中之島公園の白梅がちらほら咲き始めました。

紅梅リ214中之島公園の紅梅は満開が少し通り過ぎた感じがします。

2月7日(日)

こぶし 白梅にこにこ水辺公園の白梅が咲き始めました。

赤梅中之島公園の紅梅は7分咲きといった所でしょうか?

赤梅2近くから梅をみると、蕾もありますが、花が少し赤茶けたように見えるものもあります。

オオイヌノフグリ博物館売店の土手には、オオイヌノフグリの小さい花が咲き始めていました。          可愛らしいこの青い花は、日本に昔から自生するイヌノフグリに似ていて、それより大きいからオオイヌノフグリと呼ばれるようになったそうです。また、イヌノフグリは、種の形が雄犬のフグリ(陰嚢)に似ていたから、そう呼ばれるようになったという説もあります。

1月26日(火)

こぶし 更地中之島公園のこぶしの木は跡形もなくなくなってしまいました。

こぶし 撤去中之島公園のこぶしの木がなくなり、お城がよく見えるようになりましたが、少しさびしく感じます。

うめの木梅の花がちらほら咲き始めました。

うめ アップ花の数は多くないですが、ピンクの花びらが可愛らしい様子を見せてくれています。