令和元年度企画展「オビシャはつづくよ400年~年のはじめの村まつり~」

 

「オビシャ」は年のはじめのムラの祭りで、特に利根川・江戸川流域の農村部では、今も盛んに行われています。展示では行事の内容や飾り物などを紹介し、ムラの成り立ちについても考えていきます。

 令和元年度企画展 概要
展示名 令和元年度企画展 「オビシャはつづくよ400年~年のはじめの村まつり~」
開催期間 令和元年10月4日(金)~12月1日(日)
会場 2階企画展示室 

開催中の入館料

一般300円(団体240円)、高大生150円(団体120円)

(共催:千葉県立関宿城博物館友の会)

令和元年度企画展 チラシはこちら⇒企画展チラシ表(231KB)(PDF文書)

                企画展チラシ裏(231KB)(PDF文書)

オビシャ① オビシャ②

企画展関連事業

歴史講座「オビシャ、四百年-祭りのはじまり、村の歴史-」

野外講座「-戦国期のオビシャ行事と新宿の今昔を訪ねるー」(日帰りの旅)