春の訪れ

「おりひめ神社」では、「サクラ」も咲きだしました。

当館の周辺でもサクラが咲き始めました。コルトンプラザ内の「おりひめ神社」のサクラです。背景は、当館サイエンスドームです。

 

「おりひめ神社」境内の「アーモンド」の木に花が咲きました。当館でも、春の訪れを感じさせる小さな草花が花を開き始めました。


アーモンドの花
お隣にある「おりひめ神社」境内のアーモンドの木の花がもう満開です。花は、サクラよりも大きく、薄いピンク色です。

現代産業科学館には植物を観察する施設はありませんが、植込みや植栽の周辺に春の草花が花を咲かせています。


ツクシ(土筆)
植物の名前としてはスギナですが、春先に見られる胞子茎はツクシと呼ばれます。


スズメノヤリ(雀の槍)
上に伸びた花茎の先に茶色の花穂がついたところが、大名行列で奴(やっこ)さんが持っていた毛槍に似ていることから「雀の槍」と名前が付けられたようです。草花の名前に付けられた「スズメ」「ヒメ」などは、小さいという意味で付けられているようです。


ヒメオドリコソウ(姫踊り子草)
オドリコソウの同属ですが、背丈・葉や花の大きさとも半分以下で小さいため、「ヒメ」の名が付けられたのでしょう。


コメツブツメクサ(米粒詰草)
黄色の小さな花が、米粒状でシロツメクサに似ていることからの命名。日当たりのよい場所に黄色い花が広がります。中央に、オオイヌノフグリが一輪咲いています。


ヤハズエンドウ(矢筈豌豆)=一般にはカラスノエンドウ(烏野豌豆)
和名のヤハズノエンドウの由来は、葉先が矢筈状に切れ込んでいるため。カラスノエンドウは、エンドウに似た小さな豆が黒く熟すのでこの名がついたようです。もっと小さな花に「スズメノエンドウ」というのもあります。


群生していない小さな花をまとめて紹介します。
(上左)淡紫色の小さな花は、葉が仏座に見えることから「ホトケノザ(仏の座)」。
(上右)白い小さな花は、在来種のミミナグサに似ている「オランダミミナグサ(和蘭耳菜草)」。ミミナグサの名前の由来は、葉の形がネズミの耳に似ていることのようです。
(中左)コバルトブルーの小さな花は、「オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)」。雄しべが二本立っています。
(中右)「ハルジオン(春紫菀)」も咲いています。小さなキクのような花を咲かせます。
(下左)青い小さな花は、葉を揉むとキュウリのようなにおいがする「キュウリグサ(胡瓜草)でしょうか。
(下右)細かい白い花が咲いているのは「ミチタネツケバナ(道種浸け花)」です。立っている細い棒状のものは果実です。外来種のミチタネツケバナは、果実が両手をあげて万歳をしているようです。在来種のタネツケバナは、両手をひろげています。

紹介した草花はほとんどが外国から入ってきた草花ですが、ちょっとした植込みや空き地などどこでも見られますので、みなさんも馴染みの花だと思います。小さな花が、足元から「春の訪れ」を教えてくれます。