〈科学館わくわく教室〉         「冬休みに遊べる凧をつくろう」

冬休みやお正月に楽しめる星型の「凧」を作って揚げました

12月も中旬です。もうすぐ冬休みですね。
その冬休みやお正月の外遊びにもってこいの「凧」を作りました。科学館ではお正月に「和凧」の展示を行いますが、今回作ったのは星形の「凧」です。

凧つくり

まずは、星形の紙に自分の好きな絵を描きます。「タリップ君」「チーバくん」などもありました。その紙を、星型に組み立てた竹ひごに貼り付けます。

凧あげ

この日は風があまりなかったので、みんな走って凧を揚げていました。風があれば、科学館の屋根よりも高く上がったかもしれません。冬休みに「凧」で遊ぶ時には、高く揚がって風に流されても大丈夫なように、電線や大きな木がない場所で遊んでね。

今回の「科学館わくわく教室」では、な、なんと7名の「ちびっこ博士」が誕生しました。一度に7名の「ちびっこ博士」の誕生は、最近では最高人数です。これからも、どんどん「わくわくカード」のスタンプを集めて、「ちびっこ博士」を目指してください。

なお、現代産業科学館では、1月5日(日)~19日(日)に日本の伝統的な「和凧」を展示します。大きな「角凧」や「袖凧」などもあります。見に来てくださいね。