開館25周年記念企画展「潜水」    〈展示・運営協力会講演会〉      「世界で戦うフリーダイバー」

21世紀の人魚姫、2019フリーダイビング世界チャンピオン HANAKO さんが来館されました。講演会は24日(日)午後1時30分からです。

24日の講演会の事前打ち合わせに、「21世紀の人魚姫」フリーバイバーのHANAKOさんが来館されました。
フリーダイビングとは、空気タンクなど付けずに息をこらえて行う潜水のことで、HANAKOさんはこの大会の今年の世界チャンピオンです。

講演会場となるサイエンスドームのステージで、担当者による打ち合わせとリハーサルを行いました。講演会では、HANAKOさんの活躍の様子を背景のドームスクリーンで紹介する予定です。当日が楽しみです。


打ち合わせ終了後に、企画展「潜水」もご覧いただきました。
見学を始めると、HANAKOさんのお仕事に関連する展示ですので、真剣にご覧になっていました。HANAKOさんは水深100mを空気タンクもつけずに素潜りするわけですが、やはり潜水用具にも興味があるようで担当者の説明を聞きながら展示品をくいいるように見ていました。また、水圧でつぶれたカップにも興味津々。「深さによる水圧の大きさがよくわかる」とか。「浮沈子」もはじめは不思議そうに見ていましたが、ボトルを軽く押して水圧の関係で中の魚が下がることを体験していました。HANAKOさんが今回の展示で一番興味を持たれたのは、「江戸っ子1号」が7000mの深海で撮影した「深海魚」の画像でした。「こんな魚見たことない!すごい」と。この後、特設コーナーのミニ展示「水中写真に魅せられて」も見ていただきました。こちらは、HANAKOさんが海中でよく見ている魚たちなのだと思います。


実家が現代産業科学館の近くのHANAKOさんにとって、現代産業科学館は子どもの頃は「遊び場」ともいえる場所だったそうで何度も来館されていたそうです。それで、昔を思い出してか「古銅魚洗」で水を躍らせたり、ガリバーのシャボン玉をなつかしそうに体験していました。


リハーサルも済み、準備完了です。

24日(日)の HANAKO さんの講演会「世界で戦うフリーダイバー」に是非おいでください。講演会の詳細はこちらからどうぞ。