全国高等学校インテリア科教育研究会主催 第13回高校生ものデザインコンテスト 作品展示

全国のインテリアを学ぶ高校生の作品が展示されました

このコンテストは、インテリア科およびこれに準ずる学科(インテリア科、工芸科など)を設置している全国の高等学校で組織する全国高等学校インテリア科教育研究会の加盟校生徒を対象に、日頃の授業で学んだ成果をコンペ形式で発表されたものだそうです。クラフト部門とインテリアデザイン部門があります。

作品は7月27日・28日に、現代産業科学館の企画展示室に展示・公開されました。全体の展示や運営は、当館において単位認定講座を行ったり日頃から連携事業も行なっている、地元の千葉県立市川工業高校の先生と生徒さんたちが担当しています。

今回は、クラフト部門に46作品、インテリアデザイン部門に218作品がエントリーされ、その中から最優秀賞、優秀賞、優良賞が選ばれています。

写真は、上からクラフト部門の展示で2段目左が最優秀賞の「パズルいす」、右が優秀賞の「組子照明」です。3段目からインテリアデザイン部門の展示のようすで、4段目上段が最優秀賞の「fantasy ~私の世界~」、下段が優秀賞で左が「扉で変わるコンテナ暮らし」、右が「森林浴ハウス」です。クラフト部門の最優秀賞の「パズルいす」は、ジクゾーパズルのピースのような形で、面白いですね。椅子がどんどんつながっていくんでしょうか。インテリアデザイン部門の最優秀賞は、市川工業高校の生徒さんの作品です。

本当に、素晴らしい作品が展示されています。ご覧になっていた方からは、「これが高校生の作品なの」「すばらしい!」「夏休みの宿題の参考になる」などといった感想が聞かれました。

第13回高校生ものデザインコンテスト については、全国高等学校インテリア科教育研究会のホームページをご覧ください。