企画展「身近な道具のものがたり-明治から平成-」

企画展「身近な道具のものがたり-明治から平成-」

身近な道具や機械の変遷を紹介することによって、急速な変化を遂げた明治から平成に至る四つの時代の150年間について考えます。

 1電話の移り変わり

       電話の移り変わり                   

  1. 展示情報
 
会期  令和元年5月25日(土)~6月23日(日) 
休館日 会期中休館日なし
開館時間 午前9時から午後4時30分まで  
会場 千葉県立中央博物館大利根分館 第3展示室
〒287-0816 香取市佐原ハ4500
電話:0478-56-0101  
入場料 一般300円(240円) 高大生150円(120円)
※カッコ内は20名以上の団体料金
 中学生以下、65才以上は無料。(障害者手帳・療育手帳を持参の方は、本人とその介助者1名無料)

 

企画展関連講座 (参加無料・当日先着順・両日とも40名)  

(1)令和元年6月1日(土)13時30分~15時
  「16mmフィルム上映会」

  今では、ほとんど見られなくなった16mmフィルムを上映します。


(2)令和元年6月15日(土)13時30分~15時
  「身近な道具」講師:糠谷 隆(当館職員)

  企画展「身近な道具のものがたり-明治から平成-」の内容を紹介します。

 

交通の御案内

車:東関東自動車道潮来ICから5km、佐原香取ICから10km、大栄ICから15km
電車:JR成田線佐原駅から「路線バス与田浦線」または「佐原循環バス(北佐原・新島ルート)」で【水郷佐原あやめパーク入口】下車
※佐原循環バスは月曜日~金曜日のみ運行(1日3便)です。 

 


 

「過去の展示」情報はこちら でご覧になれます。