Q&A

 Q. 寄り駅から大利根分館に行くバスの時間を教えてください。

 A. 佐原駅から潮来駅とを結ぶ路線バスの時刻は定期便のほかに、あやめ祭り期間中は臨時便がありますので、事前にご確認ください。佐原駅からは所要時間24分です。


 Q. 東京から佐原にはどうやって行けばよいのでしょうか。

 A. JR成田線を使う方法と高速バスを使う方法があります。

電車
JR東日本で東京駅から特急で約85分、千葉からは約60分で佐原駅につきます。
JR東日本 http://www.jreast.co.jp/

高速バス
東京駅八重洲口から鉾田駅行きの「鉾田・麻生ルート」で約100分。「水郷佐原あやめパーク」で下車してください。
または浜松町発・東京駅八重洲口経由の「佐原まわり銚子行き」もあります。約90分で佐原駅北口につきますが、佐原駅からはバスもしくはタクシーを利用することになります。

関鉄グリーンバス「鉾田・麻生ルート」
お問い合わせ先:関鉄グリーンバス株式会社鉾田営業所 TEL:0291-33-3181
千葉交通バス「佐原まわり銚子行き」
問い合わせ先:
千葉交通 銚子営業所 TEL:0479-22-8486 京成バス 奥戸営業所 TEL:03-3691-0935
千葉交通 http://www.chibakotsu.co.jp/


 Q. 大利根分館の近くにはアヤメやハスで有名な水郷佐原あやめパーク(旧水郷佐原水生植物園)がありますが、見頃はいつですか。

 A.  水郷佐原あやめパーク(旧水郷佐原水生植物園)では水辺の植物を栽培・展示しています。中でもアヤメ・ハナショウブとハスの栽培が中心で、アヤメは5月中旬、ハナショウブは5月下旬から6月に見頃を迎えます。ハスは7・8月が最盛期になります。水郷佐原あやめパークについての詳細は、管理事務所 TEL:0478-56-0411までお問い合わせください。


 Q.  佐原の見どころやおいしいお店をおしえてください。

 A. 佐原は「北総の小江戸」といわれ、情緒あふれる水郷の粋なまち。
なかでも、木造や土蔵の町家が並ぶ小野川沿いの町並みは、国の「重要伝統的建造物群保存地区」に指定されていることもあり、散歩に最適。
町の中心を流れる小野川には荷を積みおろすための「だし」が残り、休日にもなると、小舟(サッパ舟)や着物を着た人々が行き交うなど、穏やかな時の流れを感じることができるでしょう。

神社・仏閣には、北総の名刹とも言われる観福寺や、「神宮」の社号を持つ下総国一の宮、香取神宮などがあります。

水郷佐原水生植物園

水郷佐原水生植物園

お食事は、うなぎや寿司、日本料理、日本そば、水郷どりなどの店があります。
おみやげには、ホクホクした食感に際立つ甘さが魅力の香取名産「紅小町」をつかった芋菓子や、米どころである水郷佐原の米菓―せんべい・おかき、草だんごも有名です。
また、創業100年~300年前という伝統ある蔵元も少なくなく、昔造りにこだわり抜いた地酒や、風光明媚な土地でのびのび育った水郷どりの焼き鳥、小鮒やタナゴ等を串刺しにし、タレをつけて焼いた「すずめ焼」などもおすすめです。

生きた日本の原風景。日本の粋な水郷のまち・佐原にどうぞお越しください。
なお、大利根分館では、「周辺情報」ページにてみどころを紹介しています。お出かけ前にあわせてご覧ください。