ミニトピックス展「習志野隕石」

 

ミニトピックス展
「習志野隕石

会 期 令和4年9月3日(土)~令和5年3月26日(日)
休館日 毎週月曜日(祝日の場合翌平日)
    9月26日(月)~10月3日(月)、
    12月28日(水)〜1月4日(水)
会 場 千葉県立中央博物館 2階ホール


 

 令和2(2020)年7月2日に千葉県習志野市及び船橋市に落下した「習志野隕石」について、令和2年度に当館で実施したトピックス展も盛況でした。しかし、会期途中で新型コロナの感染拡大により臨時休館となってしまい、展示を見逃した方も多いと思われます。
 このたび、習志野隕石の一部(2号標本の片側)が当館に寄託されることになりましたので、あらためてご披露したいと存じます。46億年の宇宙の旅路の果てに縁あって千葉県にやってきたこの岩石を、この機会にぜひご覧いただければと思います。

展示の解説シートがダウンロードできるようになりました。
 →こちら(2MB)(PDF文書)から

 

大火球(平塚市)
●観測された火球
観測場所…神奈川県平塚市(平塚市博物館 藤井大地氏提供)

 

隕石2号
●習志野隕石2号(船橋市落下:7月22日発見)(個人蔵)
 

協力:隕石所有者(個人)、国立科学博物館、国立極地研究所、平塚市博物館

 

このページのお問い合わせ先
千葉県立中央博物館
TEL:中央博物館 043-265-3111
FAX:中央博物館 043-266-2481