生態園トピックス展 タネの大冒険

生態園トピックス展「タネの大冒険」バナー会期延長

生態園トピックス展
タネの大冒険

開催日 令和2年8月1日(土)~令和3年1月31日(日)の土・日・祝日 ただし年末・年始(12月28日〜1月4日)は除きます

会 場 千葉県立中央博物館 生態園オリエンテーションハウス
入場料 無料

※新型コロナウイルス感染拡大予防の状況により会期を変更する場合がございます。
 生態園の開園状況など、最新の情報についてはこちらをご覧ください。

 


 

一度根を張った場所から動くことができない植物は、タネをより遠くに散布するための様々な工夫を凝らして、分布を広げています。
本展示では、生態園で見られる身近な植物を中心に、色々なタネとその散布方法を、タネの冒険の旅に見立てて紹介します。

 


 

<主な展示内容>

● 冒険の方法ー種子散布ってなに?ー

 

● 風・動物・水を使って冒険するタネ

タネの色々な冒険方法を紹介します。

イヌシデ
翼で風に乗るタネ(イヌシデ)

 

オヤブジラミ
ツメで動物の毛にくっつくタネ(オヤブジラミ)

 

ハマダイコン
波に乗るタネ(ハマダイコン)

 

● 自分でなんとかするタネ

風・動物・水に頼らないで冒険する、はじけて飛ぶタネと、下に落ちるタネを紹介します。はじけて飛ぶタネは、タネが飛ぶ決定的瞬間を動画で紹介します。下に落ちるタネの代表は、どんぐりです。生態園のどんぐりを見分けるコツも伝授します。

 ムラサキケマン                    ムラサキケマン(左:花、右:タネを飛ばす瞬間)

 

● ところ変わればタネも変わる?

同じ仲間の植物でも、住んでいるところが違うとタネの冒険方法や形が違うことがあります。生態園に生えている種類の木と、それぞれの仲間の木のタネを比べてみます。

アカマツとハイマツ
アカマツ(左:生態園生育種)とハイマツ(右)