「オリンピック・パラリンピック」と千葉のスポーツ史 (5)青木半治とオリンピック

 岬町(現:いすみ市)出身の青木半治(あおき はんじ)は、昭和39 年(1964)のオリンピック東京大会、昭和47 年(1972)の冬季オリンピック札幌大会ともに組織委員会委員として2 回のオリンピック開催に尽力します。昭 和43 年(1968)のメキシコ大会では日本代 表 選 手 団 副 団 長、昭 和47 年(1972)の ミ ュ ン ヘ ン 大 会 で は団長、昭和59 年(1984)のロサンゼルス大会では顧問を務めます。
 昭和63 年(1988)から平成26年(2014)まで、千葉市内を会場に行われていた「青木半治杯 国際千葉駅伝」は、こうした青木の功績を称えて名づけられたものです。

        Aoki Hanji from Isumi City, Chiba, was instrumental, as a member of the Japanese Olympic Committee, in two Olympics being held in Japan – the 1964 Tokyo Summer Olympics and the 1972 Sapporo Winter Olympics. Moreover, he took on the roles of a deputy chief of the Japanese Olympic delegation for the 1968 Mexico City Games, the chief for the 1972 Munich Games and an advisor for the 1984 Los Angeles Games. The International Chiba Ekiden Relay held in Chiba City between 1988 and 2014 was called the Aoki Hanji Cup to honor him.