「オリンピック・パラリンピック」と千葉のスポーツ史 (3)1940年幻のオリンピック

 

 東京市は、神武天皇の即位から2600年目(皇紀2600年)にあたる昭和15年(1940)に、東京でのオリンピック開催を提案しました。IOC委員であった嘉納治五郎らを通じて、昭和7年(1932)のロサンゼルスIOC総会で正式に立候補し、昭和11年(1936)のベルリンIOC総会で1940年大会の東京開催が決まりました。
 嘉納ゆかりの手賀沼も、嘉納の協力を非公式ながら得て漕艇競技会場として立候補しました。アジア初のオリンピックとなるはずでしたが、翌年に勃発した日中戦争の影響で、東京大会の返上が決まりました。代替地はヘルシンキとなりましたが、昭和14年(1939)に始まった第二次世界大戦によってこれも中止となりました。

        Tokyo City proposed that the city would host the 1940 Olympics to coincide with the 2600th anniversary of the enthronement of Emperor Jimmu, the legendary first emperor of Japan. In 1932, Kano Jigoro, as an IOC member, traveled to Los Angeles, where the IOC session was being held, to submit its application, and in the IOC session in Berlin in 1936, Tokyo won the bid to host the 1940 Summer Games. Lake Teganuma in Chiba prefecture, with which Kano Jigoro himself had a strong connection, ran for the rowing and sailing venue with Kano’s informal help. It would have been the first Olympics held in Asia but, Japan decided to cancel the games as the Sino-Japan war broke out in 1937 and did not end in a short time as those involved in the Olympic bid had hoped. Meanwhile, Helsinki was chosen to host the 1940 Olympics instead of Tokyo, but World War II, which broke out in 1939, led to the cancellation of the 1940 Games completely.