「オリンピック・パラリンピック」と千葉のスポーツ史 (1)近代スポーツの誕生

ori1

 体を動かして心身を健康に保つという考え方は明治時代になって西洋から入ってきました。
 このような新しい考えに基づき、学校や軍隊においてスポーツが取り入れられていきます。
 明治政府は、明治11年(1878)に体育教員の養成のために、体操伝習所を開設しました。
 市川市出身の坪井玄道(つぼい げんどう)は、日本最初の体育教師と呼ばれ、この体操伝習所で多くの体操教員を育て、体育の普及につとめました。
 千葉県内においては、明治15年(1882)に体操伝習所出身の馬場寿が千葉師範学校へ赴任したことによって、体育授業が広まっていきました。

    The Meiji Era brought the new ways of thinking from the West, one of which was sports. Sports were introduced as a method of training the body and mind and the purpose of leisure in schools and the military.  National School of Gymnastics was established in 1878 in order to train people based on the new ideas to be gym teachers, who were to be sent throughout Japan.  Genzo Tsuboi, from Ichikawa City, Chiba, who was believed to be Japan’s first gym teacher, educated a great number of teachers in the school.  In Chiba, physical education was spread throughout the prefecture after Hisashi Baba, who graduated from the school, was employed in Chiba Teacher Training School in 1882.