収蔵資料展 ノスタルジック・ポストカード

収蔵資料展
ノスタルジック・ポストカード

 

タイトル

 

会 期 令和3年3月23日(火)~5月30日(日)
    ※会期が変更となりました
休館日 毎週月曜日(祝日の場合翌平日)
会 場 千葉県立中央博物館 第2企画展示室

 


 

 日本で絵はがきの使用が認められたのは明治33(1900)年。
 個人でカメラを持つことが贅沢であった時代には、絵はがきは身の回りの出来事を写真付きで伝える現在のSNSに相当する情報交換メディアとしての役割を担っていました。
 この展示では、近年当館が寄贈を受けた故・菱田忠義氏の膨大な絵はがきコレクションを中心に、まず、絵はがきの歴史やその役割について「記念」という切り口で紹介します。次に、絵はがきに記録された懐かしい風景が、その後どのように変化して来たか、様々な時代の絵はがきや現在の写真などを通じて紹介します。

 展示の解説リーフレットがダウンロードできるようになりました。
   →こちら(690KB)(PDF文書)から

 


 

第1部 絵はがきで切り取られた「記念」
Part 1 Moments Memorialised in Picture Postcards

 第1部では、絵はがきの歴史やその役割について「記念」という切り口で紹介します。
 絵はがきは、国家行事や学校の創立記念など様々なできごとの「記念」として発行されました。また、大地震や台風など災害の記憶を後世に伝えるための「記録」としても多くの絵はがきが発行されました。

万国郵便連合加盟25周年記念
萬国郵便聯合加盟廿五季祝典紀念
千駅記念
戦役紀念
東金高等女学校
東金高等女学校十周年記念
房州大地震実況絵葉書
房州大地震実況絵葉書

 今ではあまり見かけなくなりましたが、かつては多くの観光地で多種多様な絵はがきが販売されていました。そして、観光記念として絵はがきを買い求めた方々の使用方法も単なる観光記念にとどまらず様々だったようです。

旅日記となった絵葉書
旅日記となった絵葉書
自分宛ての絵葉書
自分宛ての絵葉書

 

第2部 絵はがきの撮影地を訪ねる
Part 2 Visiting Places in Picture Postcards

 第2部では、県内各地の観光地のうち、菱田コレクションの絵はがきが数多く残されている県内の観光地として、銚子地域、成田山、南房総の3箇所に分け、各時代の絵はがきや現在の写真を比較し、その変遷を探ります。
 また、全国の観光地の代表格として、別府の地獄(温泉)めぐりの変遷についても紹介します。

 

◆銚子磯めぐり
A Tour of the Coastline of Choshi
1933-44
1933~44年
2019年
2019年
○ 海鹿島海岸 海水浴場大プール (銚子市海鹿島町)
 沖の岩礁には明治時代までアシカが生息。かつては大きなプールで賑わっていたが、今は石積みの崩れた外壁が残るのみ。
 アシカがいなくなっただけで、岩礁にはあまり変化が見られない。

 

◆成田山参詣
A Pilgrimage to Narita-san Shinsho-ji Temple
1918-32
1918~32年
2019
2019年
○ 成田山釈迦堂 (成田市成田)
 安政5(1858)年に建立した国指定の重要文化財。大本堂の建築に伴って昭和39年に移築された前本堂で、本堂時代の絵はがきが数多く存在する。
 はがきで右に建っているのは三重塔。

 

◆南房総周遊
A Round Trip in Minami-BOSO
1907-17
1907~17年
2017
2017年
○ 那古寺(那古観音) (館山市那古)
 千手観音菩薩で有名な古刹。
 背景の植生は、絵はがきでは松林であるが、この場所に限らず南房総の海岸の崖沿いは、ほぼマテバシイ林に変わってしまった。

 

◆別府地獄めぐり
A “Hell” Tour - a Tour of Hot-springs in Beppu
1933-44
1933~44年
2020
2020年
○ 鶴見園地(鶴見地獄) (大分県別府市南立石)
 昭和初期に、歌劇場なども有する広大な敷地の園地として整備され、名所と名高かったようだ。
 戦後に徐々にさびれていき、現在でも寺の境内に池(地獄)は残っているが、観光客は入れない状態。