2020年度(2020.04–2021.03)の常設展示更新情報

房総の地学展示室の展示を更新しました

(2020.04) new!!

巨大ザメ ”メガロドン”の学名を

「オトダス・メガロドン」に変更しました。

千畑層の化石を見やすく配置しました。

 

チバニアン期を代表する古生物(ヤベオオツノジカとナウマンゾウ)のミニチュア復元模型を展示しました。

ヤベオオツノジカ

ヤベオオツノジカ

国立科学博物館に展示されている骨格をもとに製作されています。(約1/8の大きさ、模型製作・撮影:徳川広和氏))

 

ナウマンゾウ

ナウマンゾウ

中央博物館地学展示室にある全身骨格をもとにして忠実に再現された復元模型です。(約1/17の大きさ、模型製作・撮影:徳川広和氏)

 

ナウマンゾウ全景

ナウマンゾウの復元模型の写真を、全身骨格と見比べられるように展示しました。

 

ミニナウマンゾウ

成田市で発見されたナウマンゾウの頭骨のレプリカを、3Dスキャンし、製作されたミニチュアレプリカ(約1/10)を展示しました。(写真右下、製作:円尾博美氏)

このページのお問い合わせ先
中央博物館