平成31年度トピックス展 「人間国宝・秋山逸生の技-至上の木象嵌-」

開催期間 令和元年6月5日(水)~6月30日(日)

休館日 毎週月曜日

会 場 千葉県立中央博物館 第2企画展示室

入場料 一般300円(240円) 高校生・大学生150円(120円)

    中学生以下・65歳以上の方・障害者手帳等をお持ちの方は無料

    ※( )内は20名以上の団体料金


昭和45年に「芝山象嵌」で千葉県の無形文化財保持者に、昭和62年に「木象嵌」で重要無形文化財保持者に認定された故 秋山逸生氏の作品等を展示し、氏の優れた技術を紹介します。


関連行事こちら

 

秋山逸生(あきやま いっせい)氏(写真提供:千葉県教育委員会)

明治34(1901)年、東京市南葛飾郡隅田村(現 東京都墨田区)生まれ。島田逸山に師事し、芝山象嵌の技術を習得。大正11年、市川市に転居。昭和45年、千葉県指定無形文化財「芝山象嵌」の保持者に認定。さらに昭和62年、「木象嵌」で重要無形文化財保持者(いわゆる「人間国宝」)に認定されました。リズム感ある、幾何学文様を用いたモダンな雰囲気が特徴です。昭和63年没、享年86歳。

主な展示資料

「菱華文象嵌長手箱」(千葉県立美術館蔵)

1946年制作、第1回日展

 

「金銀木画筥」(市川市所蔵)

1961年制作、第4回新日展

関連行事

歴史学講座「文化財記録映画上映会 芝山象嵌―秋山逸生の技―」

日  時:6月30日(日)13:30~15:00

場  所:千葉県立中央博物館 講堂

事前申込:不要(当日先着順)

対  象:どなたでも ※小学生以下は保護者参加

定  員:150名

参加費:無料

 

ミュージアム・トーク

日  時:6月9日(日)11:00~11:30/14:30~15:00

場  所:千葉県立中央博物館 第2企画展示室

事前申込:不要

対  象:どなたでも

その他:入場料が必要です