千葉県立中央博物館 ミニ展示 古い道具と昔のくらし

開催期間 平成31年1月10日(土)~3月9日(土)

休館日 毎週月曜日(ただし、1月14日、2月11日は開館) 1月15日、      2月12日

会 場 千葉県立中央博物館 体験学習室(たいけんのもり)

入場料 無料

    ※本館の常設展示を御覧になる場合は、通常の入館料がかかります。


かつては、炊事や洗濯、あるいは明かりや暖をとるために、どのような道具を使っていたのでしょうか。中央博物館「たいけんのもり」に展示された「古い道具」を実際に触ってみたりしながら、「昔のくらし」を体験してみましょう。小学三年生の社会科で学ぶ「古い道具と昔のくらし」の学習にも役立ちます。


チラシこちら(1561KB)(PDF文書)

こんな道具にさわれます

かま

 

おひつ

 

しょいかご

 

たらいとせんたくいた

 

ダイヤル式電話

体験・解説について

生活家電が普及する前の、炊事や洗濯など家事に使用する道具や、明かりや暖をとる道具を中心に解説を行います。また、実物にさわることができるため、当時の生活についてより具体的にイメージすることができます。(小学校3年生の社会科の学習内容を対象としています。)

1学級につき、30分から40分の時間が目安です。

学級数、児童数の多い学校でも対応することができます。お気軽に御相談ください。

お申込みは来館の2週間前までにお願いいたします。

体験・解説のお申込み・お問い合わせ

千葉県立中央博物館 教育普及課

Tel:043-265-3776