生態園トピックス展 生態園の野鳥 −秋から冬へ−

開催期間 平成30年10月10日(水)~平成31年2月17日(日)

休館日 毎週月曜日 (ただし、12月24日、1月14日、2月11日は開館)12月25日、12月28日~1月4日、1月15日、2月12日

会 場 千葉県立中央博物館 生態園 オリエンテーションハウス(主会場)

                  野鳥観察舎(サテライト会場)

入場料 無料


千葉県立中央博物館は、平成31年2月7日に開館30周年を迎えます。

本展示では、秋から冬ならではの野鳥の生態・行動・鳴き声に加え、生態園における過去30年の野鳥の推移を明らかにします。

岸辺で採食中のマガモ・ダイサギ・コサギ


ポスターこちら(134KB)(PDF文書)

関連行事こちら

展示内容

トリックな鳥クイズ

クイズ形式で秋から冬の鳥たちの生態や行動をさぐります。

1.初級編「池のカモ名人」

  雄と雌の出会い、そして恋の行方はどうなるの?

カモのいる舟田池(11月の初め)

 

 

冬は求愛のとき ピッタリ寄り添うマガモの雄と雌

 

2.中級編「冬の小鳥大名人」

  混群に焦点をあて、林やヨシ原で何をしているの?

ウグイスは何をしているのかな?

シジュウカラが見つけたのは?

 

3.上級編「鳥の鳴き声大王」

  小鳥の鳴き声には、さえずりと地鳴きがありますが、秋から冬には地鳴きがよく聞かれます。

  種類ごとに特徴的で区別しやすい地鳴きと、よく似ているので区別しにくい地鳴きはどれかな?

 

生態園野鳥調査30年のふりかえり

1.ボランティア調査員のコーナー

  生態園で活躍するボランティア調査員4名から、イチオシの秋冬の鳥をご紹介いただきます。

2.「新版 生態園の鳥チェックリスト」 予告

  平成31年3月末(当初2月予定でしたが延期になりました)発行予定で準備中の生態園観察ノートNo.20「新版 生態園の鳥チェックリスト」

  では、1990年から2018年までの野鳥調査記録に基づき出現種の変遷を紹介します。

  ここでは、展示期間中継続の調査を垣間見ます。

 

生態園の鳥の生息傾向 30年の変化

10年の期間にわけ、初期・中期・最近の特徴的な鳥を、写真やイラスト、標本で紹介します。

 

私が観察した野鳥

来園者の方が生態園内で見た鳥や聞いた鳥を、生態園の地図上に記していきます。

 

サテライト会場(野鳥観察舎) 展示

1.カモ名人の窓

2.冬の小鳥大名人の窓

3.鳥の鳴き声大王の窓

4.舟田池の音 今と昔

 

関連行事

(1)生態園観察会 野鳥ミニ観察会

平成30年10月20日(土) 13:00~13:30

平成30年11月17日(土) 13:00~13:30

平成30年12月  8日(土) 13:00~13:30

平成31年  1月19日(土) 13:00~13:30

会 場:生態園野鳥観察舎

※参加費無料

※各回とも定員20名 当日申込・先着順 年齢制限なし

 

(2)ミュージアムトーク

平成30年10月14日(日) 11:00~11:30 14:30~15:00

平成30年11月18日(日) 11:00~11:30 14:30~15:00

平成31年  1月20日(日) 11:00~11:30 14:30~15:00

会 場:中央博物館本館・生態園

※開始時間までに、博物館本館入場券売場前に集合してください。

※中央博物館本館への入場料が必要です。

※当日申込・先着順 年齢制限なし  

  

(3)生態学環境講座 「収蔵庫見学 いろいろな鳥の標本」

平成30年12月15日(土) 10:00~11:00

会 場:収蔵庫 研修室

※参加費無料

※定員15名 当日申込・先着順 中学生以上

 

(4)生態園観察会「冬鳥ウォッチング」

平成31年  1月13日(日) 11:30~12:00

会 場:生態園

※参加費無料

※定員20名 当日申込・先着順 年齢制限なし(小学生以下は保護者も参加)

 

(5)自然の音サロン

〈秋〉
平成30年10月13日(土) 13:30~15:30 
 
〈冬〉
平成31年  2月  9日(土) 13:30~15:30 

 

会 場:中央博物館本館1階講堂  生態園

※参加費無料

※定員なし 当日申込 小学生以下は保護者も参加

カワセミ