生態学・環境研究科 尾崎煙雄

プロフィール 

尾崎煙雄

氏名 尾崎 煙雄(おざき けむりお Kemrio OZAKI)
所属等

生態学・環境研究科(房総の山のフィールド・ミュージアム)

主任上席研究員

専門分野 森林生態学

研究テーマ

  • 房総丘陵の昆虫・クモ類相(地域研究課題)
  • 房総丘陵の維管束植物相(地域研究課題)
  • 房総のヒメコマツの保全生態学的研究(地域研究課題)
  • 照葉樹林の生態学的研究(普遍研究課題)

 

研究内容 

房総丘陵の動植物の生態について多面的に研究しています.現在,房総丘陵において絶滅に瀕しているヒメコマツの保全,半寄生植物ヤドリギの生態,カシノナガキクイムシという甲虫が引き起こす「ナラ枯れ病」の研究などについて重点的に取り組んでいます.

 

研究成果

「Extensive selfing in an endangered population of Pinus parviflora var. parviflora (Pinaceae) in the Boso Hills, Japan」(Tree Genetics & Genomes,2013年,共著),「房総の絶滅危惧ヒメコマツ個体群の現状と保全の試み」(Bunrui,2014年), 「ヤドリギを食餌とするチャハマキの記録」(房総の昆虫, 2017年, 共著),「千葉県いきものかんさつガイド」(たけしま出版, 2018年, 共著)など.また,清澄山系の昆虫相に関する研究成果を平成30年度の秋の展示で紹介します.

メッセージ

房総の山のフィールド・ミュージアム担当として,房総丘陵の動植物について多面的に研究しています.そのおもしろさを「房総の山のフィールド・ミュージアム」のウェブサイトの「教室博日記」で紹介しています.ぜひご覧ください.