資料管理研究科 宮正樹

プロフィール 

宮正樹

氏名 宮 正樹(みや まさき Masaki MIYA)
所属等 資料管理研究科 主任上席研究員
専門分野 分子生態学・分子進化系統学 (魚類)

研究テーマ

  • 遺伝子の情報を利用して魚の生態や進化的起源を探ること

 

研究内容 

世界に3万種いると言われている魚類の起源を、遺伝子の本体であるDNAをつかって研究してきました。最近では、水中に漂う「環境DNA」を分析して、どんな魚がどれだけいるのか探る研究も始め、多くの研究成果が出つつあります。

 

研究成果

「深海魚の三つの科が一つに」、「深海起源のウナギ」、「生きている化石ムカシウナギの発見」、「深海起源のマグロ」、 「バケツ一杯の水で魚種を判定する技術の開発」など英文原著論文171篇を出版、計14,112回引用されています。

 

メッセージ

最近、生きものの体外に放出された「環境DNA」を利用して、水を汲むだけですんでいる魚の種類がわかるという新しい技術を開発しました。この技術は、世界中の海や川で広く使われる魚類多様性モニタリングの標準法になりました。