植物学研究科 山本伸子

プロフィール 

山本伸子

氏名 山本 伸子(やまもと のぶこ Nobuko YAMAMOTO)
所属等 植物学研究科・研究員
専門分野 植物分類学

研究テーマ

  • 千葉県産高等植物の細胞分類学的研究
  • 日本で多様化した植物の細胞地理学的研究
  • ヒマラヤ産高等植物の細胞分類学的研究

 

研究内容 

染色体は遺伝子の本体であるDNAを担っており,数や形を比較することにより,進化の道筋を明らかにすることができます.ヒマラヤや日本で多様化した高等植物の染色体を観察し,属内種間あるいは種内集団間で数や形に変異があるかを調べ,同時に形態的な違いも調べることにより,分類学的な再検討をおこなっています.

 

研究成果

千葉県いすみ市の管束植物相(2017, 天野・山本ほか), 千葉県大多喜町の維管束植物相(2017,天野・山本ほか), 千葉県南房総市でタシロランを採集する(2016, 山本ほか), 千葉県菌類誌(VI) 千葉県新産のキツネノヤリタケ(Scleromitrula shiraiana (Henn.) Imai) (2015, 水野・山本ほか), 「ポプラディア大図鑑 植物」(2013年,監修指導) など.
 

メッセージ

身近な植物にも,不思議がいっぱい詰まっています.手にとってよくよく観察してみると,きっと新しい発見があると思います.
みなさんの周りにはどんな植物が生えているでしょうか,さっそく外に出て確認してみてください.