資料管理研究科 内田龍哉

プロフィール 

内田龍哉

氏名 内田 龍哉(うちだ たつや Tatsuya UCHIDA)
所属等 資料管理研究科 主任上席研究員
専門分野 日本近世史

研究テーマ

  • 近世・近代の文人・文豪の房総遊歴

研究内容 

近世後期から明治・大正・昭和にかけて、江戸湾海運・利根川水運や街道、さらに県内鉄道網を利用して、房総地域を旅した多くの文人・文豪・風景画家の紀行詩文・絵画などを掘り起こし、彼らが体験した房総の歴史・文化と自然から、どのような魅力を享受し発信したかを明らかにする。

 

研究成果

(平29成果)東葛地域(水戸街道沿い,市川市内)に関する正岡子規・大町桂月・田山花袋・永井荷風らの紀行詩文・遊歴事蹟や現地の観光文化(桜を中心とする花卉観光)の掘り起こし、さわやかちば県民プラザ・県立西部図書館・県立東部図書館などでの講演を通じて、県民に還元した。

 

メッセージ

房総を舞台とする近代の紀行詩文を調査しています。歌人正岡子規・河東碧梧桐、小説家尾崎紅葉・岡本綺堂・長塚節・島崎藤村・田山花袋、画家小川芋銭・石井柏亭など多彩な人物が房総の風光と世情に触れるさまを追っています。