トピックス展「新着資料展:19世紀のバラの世界 -森啓蔵書-」

平成26年度 トピックス展「新着資料展:19世紀のバラの世界 -森啓蔵書-」

~ 本展示は終了しました ~

 

会期:平成26年7月19日(土)〜8月10日(日)
会場:千葉県立中央博物館 本館にて開催

佐倉市にある「国立歴史民俗博物館」と「中央博物館」は平成23年度より博物館活動に関する協定を結び、調査研究など、様々な連携活動を行っております。    
このたび、中央博物館では、歴史民俗博物館「くらしの植物苑」と連携し、植物に関するトピックス展「新着資料展:19世紀のバラの世界 -森啓蔵書-」を開催することといたしました。その時々の季節に応じた植物の展示を楽しみに、双方の施設を訪れてみてはいかがでしょうか。いつもと違った発見があるかもしれません。
当館では「くらしの植物苑」入苑券の半券をお持ちいただいた方へ、展示に関連したオリジナルグッズをプレゼントいたしております。受付にお声掛けください。
花を訪ねて博物館巡り、始めてみませんか。


平成25年度末に寄贈された稀覯本コレクション「森啓蔵書」をご紹介します。
国内では他に所蔵されていない貴重な書籍が多く、特に1801〜1820年にドイツで出版された通称「レーシッヒのバラの本」 は、本展示がおそらく日本初公開です。

 

ミュージアムトーク「植物図鑑の植物画」(職員による展示解説)

平成26年8月9日(土)11:00〜11:30/14:30〜15:00 【当日受付】

 

>> ポスターダウンロード(766KB)(PDF文書)

 


トピック展 19世紀のバラの世界ご案内1
トピック展 19世紀のバラの世界ご案内2
トピック展 19世紀のバラの世界ご案内3
トピック展 19世紀のバラの世界ご案内4
トピック展 19世紀のバラの世界ご案内5
トピック展 19世紀のバラの世界ご案内6