普遍研究課題(人類誌系)

普遍研究課題(人類誌系)

  • 景観史という新領域の創出

 

研究テーマ1

研究タイトル 近現代における裁縫教育についての研究
研究代表者 島立理子
研究内容 近現代において、衣類を調整する技術がどのような場で、どのように伝承あるいは教授されてきたかを明らかにし、近代以降の裁縫教育の持つ意味を明らかにする。

研究テーマ2

研究タイトル 関東平野における明治10年代の土地利用に関する研究
研究代表者 白井 豊
研究内容 迅速測図を基礎的資料として、関東平野全域の土地利用を約2kmメッシュのオーダーで把握する。明治10年代の土地利用の意義を知る目的から近世の都市・信仰的中心地や交通の状況なども可能な限り把握する。その際には近世の道標を初めとする石造文化財や古文書を資料とする場合もある。

研究テーマ3

研究タイトル 古代施釉陶器の生産と流通についての研究
研究代表者 立和名明美
研究内容 古代において、幾つかの特定の地域のみで生産された施釉陶器。その生産と流通等を通し、当時の社会様相の一端を明らかにする。