普遍研究課題(地球誌系)

普遍研究課題(地球誌系)

  • 地形地質学的多様性に関する基礎研究

 

研究テーマ1

研究タイトル GPR(地中レーダー)を用いた河川州の研究
研究代表者 岡崎浩子
研究分担者 館外研究者
研究内容 GPR地中レーダーを用いて河川堆積物の解析と房総半島に広く見られる河川成の地層の形成条件の検証をおこなう。これによって地球環境変動による中長期的な河川動態変化を明らかにする。

研究テーマ2

研究タイトル 東北日本弧新第三紀火山活動の特質
研究代表者 高橋直樹
研究内容 東北日本弧の新第三紀火山活動に関して、特に珪長質火山活動の要因を探求することを目的とし、それらの時空分布、並びに、苦鉄質火山活動との成因的関係を中心に調査を進める。

研究テーマ3

研究タイトル 房総半島をとりまく自然災害―土地の履歴を読み解くプロセスの体系化―
研究代表者 八木令子
研究内容 房総半島をいくつかの地形区に分け、それぞれの地域について新旧の地形図や空中写真、土地条件図などを用いて土地の履歴や人為的変化を読み解き、自然災害との関連性を明らかにする。平成29年度はその成果を「ところ変われば備えも変わる あなたの街と自然災害」で展示する

研究テーマ4

研究タイトル 微小化石に基づく貝類化石の分類及び古生態の研究
研究代表者 伊左治鎭司
研究内容 古生代石炭系一の谷層、中生代白亜系手取層群および銚子層群から産出する微小貝類化石について、胎殻や稚貝の形態を記載し、多様性や幼生生態、古生物地理を議論する。

研究テーマ5

研究タイトル 東アジアを中心とした地域の貝類相の変遷
研究代表者 黒住耐二
研究内容 現生/考古学遺跡/化石等の調査を行い、人間の貝類利用を含めて、包括的に変遷史を明らかにする。

研究テーマ6

研究タイトル 地質時代温暖期におけるアジアの古植生復元
研究代表者 斎木健一
研究内容 中生代ジュラ紀ー白亜紀の地球温暖期におけるアジアの古植生を化石記録から復元する。

研究テーマ7

研究タイトル 日本産十脚甲殻類化石の古地理と古生態
研究代表者 加藤久佳
研究内容 日本産十脚甲殻類の化石記録に関して、古生物地理学的な検討と、化石の産状・共産する化石から得られる情報など古生態学的なアプローチからの検討を行う。

研究テーマ8

研究タイトル 日本列島周辺の花粉・環境誌
研究代表者 奥田昌明
研究内容 日本列島とその周辺で環境、歴史、地質にかかわる花粉調査を実施する。調査試料としてはボーリングコア中の化石花粉および表層土壌中の現生花粉遺骸を扱う。また室内外の埃や蜂蜜中に含まれる花粉粒も調査する。

研究テーマ9

研究タイトル 千葉県で観測される蜃気楼の発生メカニズムに関する基礎研究
研究代表者 大木淳一
研究内容 千葉県で観測される蜃気楼の発生状況を調査し、発生メカニズムを地形学及び気象学的側面から明らかにする。

研究テーマ10

研究タイトル 化石種・現生種に見られるハクジラ類特有の左右非対称な内部形態の意義
研究代表者 丸山啓志
研究内容 ハクジラ類は脊椎動物の中でも珍しく左右非対称な内部形態(頭骨など)を有する.本研究では,幾何学的形態測定学的手法を用い、その非対称性を定量化し、その要因(機能形態学的・系統的など)を統計学的手法から明らかにする。