中央博物館の特色

 はじめに

千葉県立中央博物館は「房総の自然と人間」を常設展示の全体テーマとし、千葉県の自然と歴史について学べる総合博物館です。
常設展示は、「房総の自然誌」、「房総の歴史」、「自然と人間のかかわり」の3つの主要な展示から構成されています。
隣接する生態園では、房総の代表的な自然が再現され、動植物の生態を身近に観察することができます。また勝浦市には、分館 海の博物館を設置し、「房総の海の自然」を体験的に学べる展示をおこなっています。さらに、君津市清和県民の森を中心に、「房総の山のフィールド・ミュージアム」事業を行っています。
中央博物館では地学、動物、植物、生態、環境、歴史について、千葉県はもとより、国際的な視野にも立ち、調査研究、資料の収集・整理・保存活動を行い、情報集積・発信基地となるように努めています。これらの活動の成果は、展示、講座・観察会などの教育普及活動、研究発表などをとおして広く紹介しています。

 

中央博物館の特色

・房総の自然や歴史がよくわかる常設展示があります

・日本で唯一,隣接する野外に生態園を併設した博物館です

・あなたの疑問・質問にお答えします
博物館には,地学,動物学,植物学,生態学,歴史学,それぞれの分野の研究者がおります.自然や歴史に関する身近な質問に,できる限りお答えできるよう心がけております.
    
・多彩な教育普及活動をおこなっています
年間150回以上の観察会や講座を県内各地で開催するとともに,本館におけるミュージアム・トーク中央博調査隊生態園での森の調査隊など,中央博物館をよりよく理解していただく行事をおこなっています.

また,海の博物館では,企画展示のマリンサイエンスギャラリー,気軽に参加できる野外観察のフィールドトリップなども開催しています.

 

中央博物館の組織

中央博物館には多数のスタッフが働いています.その組織は,庶務部,自然誌・歴史研究部,生態・環境研究部の3つの部からなっています.

 

中央博物館の歴史

中央博物館は昭和59(1984)年3月に基本構想が完成し、平成元(1989)年に開館しました。
詳細は、別表「中央博のあゆみ」をご覧ください。

 

博物館の出版・定期刊行物

中央博物館は,展示会の図録や研究報告書など,多くの刊行物を出版し,活動成果を報告し,貴重な自然や歴史に関する情報をみなさんと共有できるよう,努めています.