むらの植物情報

 

花の開花状況をいち早くお届けします

歳時記ブログも見てくださいね。http://boso-nomura.blogspot.com/

桜の開花情報はhttp://www2.chiba-muse.or.jp/www/MURA/contents/1550118652329/index.html
 


 

3月

 リンク 3月24日    リンク 3月20日  リンク 3月17日  リンク 3月3日

2月

リンク 2月24日 リンク 2月20日   リンク 2月8日 リンク 2月3日

1月

リンク 1月31日 リンク 1月9日 リンク 1月5日

12月
リンク 12月23日  リンク 12月19日  リンク 12月15日  リンク 12月12日 

11
リンク 11月29日 リンク 11月24日 リンク 11月14日 リンク 11月7日 リンク 11月1日 

9月 
リンク 9月20日 リンク 9月15日 リンク 9月7日 リンク 9月4日 

8月
リンク 8月23日  リンク 8月19日  リンク 8月18日 リンク 8月16日 リンク 8月4日  

7月
リンク 7月29日 リンク 7月28日 リンク 7月25日  リンク 7月18日 リンク7月15日 リンク 7月12日 
リンク 7月10日   リンク 7月8日    リンク 7月6日   リンク 7月3日    リンク 7月1日 

6月 
リンク 6月30日  リンク 6月29日(2)  リンク 6月29日(1) リンク 6月26日  リンク 6月22日 
リンク 6月20日  リンク 6月15日         リンク 6月13日

 

 


 

3月24日

載せきれないほど色々な花が咲いてきました。

 

上総の農家周辺

レンギョウ

 

 

風土記の丘資料館

モクレン

紅枝垂れ桜の花が増えてきました。

クサボケの花

 

ニリンソウ(旧御子神家前)

 

 おまつり広場


 ハナモモ

 

むらの架け橋脇のアケビ

 ほかにもミツバツチグリ、スミレ色々・・・

 是非探しに来てください。お待ちしております。


3月20日

いろいろな花が咲き始めています。

こぶし

 

すみれ

 

ユスラウメ

 

ラッパズイセン

まだまだ春蘭も咲いていたり、ウグイスカグラも・・・

探しに来てください。

 

 

3月17日
 

日が開いてしまいましたが、その間にいろいろな花が咲き始めています。

まずは、まだきれいな武家屋敷隣の梅林の梅です
源平咲きの梅、多分「おもいのまま」
一本の木に紅白の梅が咲きます。中には一つの花が紅白になっているものもあります。

上総の農家の梅林は終盤のようでした。

 

上総や下総の農家で咲いているウグイスカグラです。

 

シュンランは下総の農家で元気に咲いています。

 

 

おまつり広場の奥にはハナモモも咲いています。

 

商家の街並みに咲く白花の沈丁花です。

 

 

いろいろなスミレがむらのあちらこちらで咲き始めました。

 

土佐水木もきれいです。

 

旧御子神家の山茱萸(さんしゅゆ)は満開です。


あなたも房総のむらに春を見つけにきませんか?

 

3月3日

今日はあいにくの雨ですので昨日の記録を掲載します。
なお、桜に関しては「さくらの開花情報」をご覧ください。

 

 

木によって個体差がありますが、見頃の梅が増えてきました。

旧平野家の軒に近い薄いピンクの梅です。
透明感があってとてもきれいです。

 

旧御子神家に咲く山茱萸(サンシュユ)です。
少しずつ花が上に伸びてきています。

 

水生植物園の周りの紅梅と白梅です。

 

水車小屋のそばに咲く紅梅です。

 

上総の梅林を開放しました。
近くでご覧になれます。

そのそばではウグイスカグラも咲き始めました。
 

 

下総の農家に向かう途中では蕗の薹(フキノトウ)も顔を出しました。

 

雪柳も少しずつ開花です。

 

コセリバオウレンは種になっているものもあり終盤を迎えています。

先日ボランティアさんの情報ではフデリンドウの根生葉が3cm位立ち上がってきたとの事。
春はもうすぐそこまで来ています。

 

2月24日

色々な梅が咲き始めました。

重複しますのでブログをご覧ください。

 

2月20日

2月15日の朝に見られた「シモバシラに付く霜柱(氷柱)」です。

今年はこれが最後になるのでしょうか?

 

コセリバオウレンは今が見頃ではないでしょうか。
むらのかけ橋手前の右側の方がまとまって咲いていました

 

武家屋敷横に何本かある梅のうち一本は沢山咲いています。

 

武家屋敷内の茶室の前の紅梅も花数が増えています。

上総の農家の梅園の通路脇の梅に花が咲き始めていました。

 

 

2月8日

旧平野家に咲く白梅

 

武家屋敷の茶室前の紅梅

 

武家屋敷隣の白梅も咲き始めました。

 

何とも言えない透明感のある三姉妹?の梅は水生植物園に咲いていました。

水生植物園周辺の白梅・紅梅です。

 

むらのかけ橋手前のコセリバオウレンは今見頃です。

 

 

2月3日

コセリバオウレン・白梅・蝋梅はまだまだこれから咲きます。

 

 

 

 

1月31日

10日から更新していない間に春は少しづつ近づいています。

白梅の開花が進んでいます。

 

紅梅は少しずつ開花しています。

 

資料館入り口前の蝋梅もかなり開花が進んでいます。

 

少し気の早いウグイスカグラが花を咲かせています。

 

コセリバオウレンもまだこれからたくさん咲くと思います。
シモバシラに付く霜柱も寒い朝ですと確認することができます。

 

1月9日

茶店脇の道を降りた所に白梅が一輪だけ咲いていました。

 

 

毎年一番に咲く茶室前の紅梅ですが、今年は白梅の方が先でした。

 

風土記の丘資料館前に咲く蝋梅(ロウバイ)です。
毎年上総の農家の庭に咲く素心蝋梅(ソシンロウバイ)より少し遅れて咲きます。

 

こちらが上総の農家の庭のソシンロウバイです。
見頃を迎えています。

中も黄色いソシンロウバイです。

 

同じく上総の農家の庭の八重の水仙です。

 

こちらは花ではなく実ですが見事なので掲載します。
呉服の店の裏の栴檀(センダン)です。
5~6月頃にきれいな花を咲かせますので、見に来てくださいね

コセリバオウレンも花の開花が進んでいます。

また、この時期は何種類もの野鳥も見ることができます。

ブログも情報満載ですのでそちらもぜひご覧ください。

1月5日

あけましておめでとうございます。

今年最初の植物情報はシモバシラにつく霜柱から始めます。
旧御子神家の庭にあるシモバシラという植物に霜柱(氷柱)の現象が現れました。
枯れているように見えても生きていて、土の中の水分を吸い上げて色々な形の霜柱をつけます。

この画像はとても冷え込んだ1月3日の朝撮影しました。
冷え込んだ早朝(マイナス温度)にご覧になってみてください。
陽が当たり暖かくなると消えてしまします。

風土記の丘資料館前の蝋梅も少しづつ咲き始めています。
上総の農家の素心蝋梅(ソシンロウバイ)は見頃です。
芯まで黄色い花が素心蝋梅です。
蝋梅と素心蝋梅の違いも見比べてみてください。

むらの架け橋手前の両側に咲く小芹葉黄連(コセリバオウレン)も大分咲いてきました。

是非、足を運んでみてください。

 

12月23日

今年最後の開花情報です。

上総の農家から始めます。

ソシンロウバイ(素心蝋梅)の開花が進んでいます。
お正月のイベントはもちろんですが、綺麗な花を愛でるのもむらのお正月の楽しみ方の一つですね。

 

もう一つ、上総の農家の庭では季節外れのムシトリナデシコが咲いています。

 

おまつり広場につづく「むらの架け橋」手前の左右にコセリバオウレンがひっそりと咲いています。
両性花と雄花が目立ちます。
なかなか出会えない雌花を見つけられたらラッキーですね。

 

最後は安房の農家に咲く八重の水仙です。

今年一年ありがとうございました。
また、来年もいち早く開花情報をお知らせできるよう努力いたします。
よいお年をお迎えください。

 

12月19日

コセリバオウレンが咲き始めました。
むらの架け橋手前右側です。

 

ソシンロウバイ少しづつ咲いています。
むらのお正月(1月2日・3日)に見頃になっていると嬉しいですね。

 

安房の農家に咲いている八重の水仙です。

 

先日植物のシモバシラに小さな霜柱が付いていたと、お客様から教えていただきました。
その日はとても冷え込んだ朝でした。
寒い朝はこまめに観察しなくてはいけませんね。

 

12月15日

ソシンロウバイ(素心蝋梅)の一番花が13日に開花しました。
昨日2つ目も咲き、他の蕾も大きくなってきました。

花芯が赤茶色の蝋梅とは違い、芯まで透明感のある黄色いソシンロウバイ。
たくさん咲くと辺りに甘い香りが漂います。

 

12月12日
上総の農家のソシンロウバイ。
蕾が膨らんで今にも咲きそうです。

なぜかスミレが咲いています。(左) こぶしはモフモフの蕾をつけています。(右)

コセリバオウレンはまだ蕾を確認していません。
冬の花もこれから楽しみです。

 

11月29日

今年の紅葉・黄葉情報です。
一番の紅葉は堀割広場です。

 

遊歩道の方は「塩害」でしょうか?
例年の鮮やかさはありません。
ほとんどチリチリだったり色がくすんでいたりします。
綺麗なところだけ狙って撮ってみました。

イチョウは綺麗に黄葉していました。

 

先日掲載したキッコウハグマやセンブリはまだなんとか咲いています。

これから先、寒さが増してくるとコセリバオウレンやソシンロウバイ、シモバシラの茎につく霜柱(氷柱)のお知らせを載せることができると思います。

お楽しみにお待ちください。
 

 

11月24日

むらの紅葉は掘割広場が一番色付いています。

 

センブリは蕾もたくさんあるので、まだ楽しめそうです。

 


リンドウはほぼ終わりのようですが、旧平野家で一輪だけ咲いています。

 

キッコウハグマは4輪目が咲きました。一輪がとても長く咲いてくれるようです。
来年、もっとたくさんの開放花が咲くことを願っています。

 

暗い林の中にいつの間にかにょきにょきと姿を現した「クロヤツシロラン」
花を確認していないので、もしかしたら「アキザキヤツシロラン」かもしれません。
どなたか9月から10月頃に咲いた花を見た方がいらっしゃったら教えてください。
来年は注意深く観察して、花を確認したいと思います。
白っぽく見えているのは種のようで、ふわっと開いて飛ばすようです。

 

11月14

むらでキッコウハグマが咲きました。
殆ど下のような閉鎖花でしたが今、3輪咲いています。

 

開放花です。
小さな花が3つ寄り添って咲いていて、一つの花のように見えます。

 

リンドウも何カ所かできれいな花を咲かせています。
リンドウは栄町の花なので、これからもっと増えてくれると嬉しいです。

 

他にもサザンカなど色々咲いていますので。ブログもチェックしてみてください。

 

11月7日

竹林の坂道の途中でハバヤマボクチが咲いています。

ハバヤマボクチ

 

リンドウも今年は何ヶ所かで開花を確認しました。

 

山茶花も見頃です。

 

ゲンノショウコが種を飛ばし神輿のような形をしています。ミコシグサの由来ですね。

 

畑では食用菊がきれいな花を咲かせています。

 

コウヤボウキも散策路に咲いていました。

 

資料館前ではまだまだセンブリがたくさんの花を咲かせていて見頃です。
少し暖かい日の方が開花しやすいです。

 

11月1日

9月20日から更新ができずにいた花情報ですが、本日再開します。

竪穴住居近くに咲くセンブリです。


むらの架け橋手前を右に降りた所ではリンドウが咲いています。

サザンカがあちらこちらできれいに咲き始めています。

むらの紅葉は掘割広場が少しだけ変化しています。
例年では12月に入ってから散策路などできれいに色づくようです。

薄暗い散策路を歩いていて急にこの色に出会うとびっくりします。
マムシグサの実です。

最後は商家町並の辻広場に展示されている「江戸の花卉」
菊で作られたウサギさんなどあります。
蕾がたくさんありますのでこれから益々私たちの目を
楽しませてくれることでしょう。

本格的な冬に向かい花がだんだん少なくなってきますが、
鳥の声にも耳を傾けてみてください。
冬鳥も飛んできます。

9月20日

今日は9月17日の状況をお知らせします。

 

ジンジャーの花です。上総の農家で咲いています。

 

彼岸花、あちらこちらで咲き始めました。

 

ゲンノショウコはたくさん咲きだしました。

 

タマゴタケもまた姿を出しました。

田んぼに咲くコナギです。

シモバシラも咲いています。
皆さんも珍しい花を見つけたら教えてください。

 

9月15日

だいぶ日にちが開いてしまいましたが、花の開花情報をお知らせします

彼岸花が開花しました。

 

シモバシラも咲き始めました。

 

ノダケも咲いています。

 

キバナアキギリもこれからたくさん咲いてくると思います。

他にもゲンノショウコや山萩、シラヤマギク等々、色々咲いていますので探してみてください。

9月7日

昨日の花情報です。
この情報にアップされている画像は殆ど館長が撮影したものです。
下駄を履いてカメラを持って歩いていたら気軽に声をかけてみてください。
 

旧学習院初等科正堂にコスモスが少し咲いています。

 

蝶々も飛び交っています。

 

水生植物園ではミソハギが群生して咲いています。
カメラマンも数名狙っていました。

ここにはほかの花も見られます。

センニンソウ・ツリガネニンジン(白花もありました)・

 

古墳広場周辺に咲くワレモコウです。

館内・外含めていろいろな花が咲いていますので、皆さんも探してみてください。

今日の館長のブログにもいろいろ載っていますので見てくださいね。
 

 

9月4日

久しぶりの更新で申し訳ありません。

今、旧御子神家の庭では「ヤマホトトギス」が2度目の開花です。
6月ごろに一度咲いたのですが、今またきれいな花を咲かせています。

蕾もまだあります。

 

オケラの花はいつ開花するんでしょうか?
アザミのような花が咲くそうです。

 

小さな小さなフタバムグラの花です。

 

 

 

8月23日

前回載せたツルボはあちらこちらで見られるようになりました。

 

タマゴタケなどキノコ類もまた顔を出し始めました。
ブログにも載っていますのでぜひご覧ください。(8月21日掲載)

 

むらでは秋の景色が広がっています。

他にはツリガネニンジンやワレモコウも咲いています。
皆さんも秋の花を探してみてください。

 

8月19日

ツルボが咲き始めました。

上総の田んぼ脇にはツリガネニンジンやワレモコウが咲いています。

8月18日

入館口前に咲いているホテイアオイです。
ご来館のお客様に少しでも涼を感じていただければ幸いです。

 

群生してきました。

 

ツリガネニンジンも咲き始めました。

 

コバギボウシも咲いています。

植物も夏から秋の花にバトンタッチしています。

 

8月16日

キツネノカミソリはまだ群生して咲いています。
じキツネでも今日はキツネノマゴの開花情報です。
かわいらしい花を咲かせています。

じく小さい花を合咲かせるキンミズヒキです。

 

農家で咲くオクラの花ではなく 綿の花」でした大変申し訳ございませんでした。
葉にはセミの抜け殻がついています。

 

こちらは下総の農家の瓢箪です。

 

最後は大木戸(入館口)前に咲く団十郎という朝顔です。

はどんな花をご紹介できるでしょうか?

 

8月4日

キツネノカミソリがたくさん咲いてきました。
写真は水車小屋から安房の農家下の階段に向かう所にある「かしま人形」のそばで咲くキツネノカミソリです。

これからもっと咲きそうです。

かしま人形の近くに咲いています。

 

7月29日

ソバの花のお問い合わせがありましたのでアップします。
ソバの花はこぼれ種で咲いていて、特に何かに使うわけではありませんので
手入れもしていない状況です。

7月28日

キツネノカミソリの蕾です。開花はもう間もなくでしょうか?

 

上総の農家の畑では農作物の花がきれいです。

人参の花


ハナセンナではなく、ハブソウ(マメ科)でした。訂正します。

 

ゴマの花

 

7月25日

ヤマユリの花はまだ蕾もあり咲いていますがそろそろ終盤を迎えています。
7月中にヤマユリが終わってしまうのは今までにないことです。
それだけ今年が異常気象だということでしょうか。

さて、商家の町並みの辻広場(火の見櫓)では、変わり咲きの朝顔が
咲いています。

7月6日にご紹介した「木立」もそうですが

今日は「青並葉 紫覆輪 石畳咲」という朝顔をご紹介します。

こちらは「団十郎」です。

二代目団十郎が「暫」という演目できた海老茶色の衣装にちなんでつけたと言われています。

ヤマユリ情報が終わっても、「花情報」として開花をいち早くお知らせする場としてこのまま使いますのでよろしくお願いします。

 

7月18日

ヤマユリはまだまだ咲いています。
蕾もまだあります。

 

アマ(亜麻)の花です。
今話題の亜麻仁油は成熟した亜麻の種子から得られるそうです。

 

サルスベリは満開です。

 

入館口に咲く団十郎(朝顔)です。
火の見櫓がある辻広場では江戸の変わり咲き朝顔の展示をしています。

 

7月15日

群生まで行きませんが館内のあちこちでヤマユリを見ることができます。

竪穴住居周辺のヤマユリです。

 

以下は風土記資料館前の古墳広場周辺です。
あたり一面芳醇な香りに包まれています。
まだまだ蕾もありますので、もうしばらく楽しめると思います。

皆様のお越しをお待ちしております。

 

7月12日

館内のあちこちで咲いています。

 

上総の水田回り

 

下総の農家に続く坂道で見つけたダイミョウセセリとヤマユリ。

 

下総の農家裏


安房の農家に続く階段脇

皆さんもフォトジェニックなヤマユリを探してみてください。

他の植物をご紹介します。

下総の農家ではサルスベリ(百日紅)が咲き始めました。

庭の片隅にはハマナスの実がなっていました。
ローズヒップティーやジャムにもできるそうです。


上総の農家の畑ではオミナエシが咲いています。

サルスベリもヤマユリもまだまだ私たちの目を楽しませてくれそうです。

7月10日

房総のむらのヤマユリは館内のあちこちで咲いています。
今日は風土記の丘資料館周辺のヤマユリをご紹介します。

他にはヒヨドリバナ(左)やノコギリソウ(右)

栗の実にも変化が見られます。

載せきれませんが、桔梗、ミソハギ、江戸の変わり咲き朝顔など々。

こちらのブログもご覧ください。

7月8日

今日は無料区域の散策路のヤマユリ情報をお届けします。


蕾もまだまだありますのでこれからでも十分間に合います。

最後に、秋に花を咲かせる人気の吾亦紅の葉です。
順調に育っているようです。

7月6日

今日は生憎の雨ですが花にとっては恵みの雨ではないでしょうか?

ヤマユリは最近の風で倒れている花が多いですが、きれいな花を続々と咲かせています。

 

他にも館内ではいろいろな花が咲いています。

ムクゲ

ミソハギ

朝顔「木立」

 

花魁草・別名「草夾竹桃」「フロックス」

等々・・・

7月3日

下総の農家のヤマユリが次々と咲いています。今日はヤマユリの花の中を覗いてみました。

 

よーく見ると赤褐色の斑点はちょび髭のよう飛び出しています。


 

今日も風が強いので心配ですが、これから房総のむらはヤマユリの香りに
包まれます。
是非、お越しください。

 

7月1日

今日のやまゆりです。
今、一番咲いているのは下総の農家です。アジサイが咲いている脇道を
少し奥まで入れるようにしましたので、そこで撮ってきた画像です。

※お願い

(1)崖側の木の柵が壊れているところがありますので近寄らないでください。

(2)竹の柵を越えて草むらに入らず、通路から撮ってください。

5

ズームで撮るなどして、ルールを守って撮影をお楽しみください。

 

6月30

ヤマユリが少しづつ咲いてきました。
こちらは下総の農家の近くに咲いていました。
無料区域の方はまだほとんど咲いていません。

 

下総の農家の庭にはコオニユリがきれいに咲いています。

 

ブログにもアップされていますが、遊歩道を歩いているといろいろなきのこを目にします。
中でもこの真っ赤なきのこが昨年より2か月近く早く目にするようになりました。真っ赤ですが毒キノコではありません。毒キノコと思う方がいらっしゃるのか、
蹴とばされた姿も目に付きます。
どうかそのままにしておいてください。
下の画像で見るように、白い卵のようなものから頭を出し変化する様子がわかります。

房総のむらの自然がいつまでも続くよう見守ってください。

 

6月29日(2)

ヤマユリ開花宣言です。

朝の時点ではもう1~2日位かかると思っていたのですが、ついに開花しました。残念なことに、この1番花はすぐに強風にあおられて折れてしまい、
今、総屋受付に飾ってあります。

 

でも、下総の農家近くでは、下の蕾のように中が透けて見えているのは明日・
明後日には咲くと思われます。

 

6月29日(1)

ヤマユリは少しづつ少しづつ変化しています。
うっすらと中が見え始めているユリもあり、たくさん蕾を付けたものもあります。
ここのところ続いている強風にも折れずに成長してくれています。
昨年は7月6日に開花宣言をしましたので、何とか今週中に開花宣言ができるといいのですが・・・

 

 

掘割の桔梗です。

6月26日

日に日にヤマユリのお問い合わせが増えていますが、今のところまだ開花は確認しておりません。
風土記の資料館の古墳広場の蕾が一番大きいようで、今10cm程です。

 

上総のため池や水生植物園では半夏生の白い部分が増え、小さな花も咲いています。(左)
右はヤマハッカです。こちらも上総の水田付近でも見られます。

 

左はサワヒヨドリです。こちらも水田近くで咲いています。
右はお祭り広場に咲くネムノキの花です。
蕾もたくさんありますので、これからまだ楽しめるでしょう。

ヤマユリの開花はもうしばらくお待ちください。

6月22日

ヤマホトトギスが咲きました。
去年は7月19日に咲いたので4週間近く早く咲きました。

 

館内で色々な種類のトンボが飛んでいます。
植物のオオバノトンボソウも翅を広げ始めました。(左)
オカトラノオに蝶が翅を休めに来ていました。
こちらはミドリヒョウモンでしょうか。(右)

 

チダケサシも優しい色の花を咲かせています。(左)
ヤマユリはまだ大きな変化はありません。
蕾の中が透けるようになると開花が近いのですが、まだ緑色の蕾です。(右)

 


6月15日

申し訳ありません。

6月13日にアップした蕾をたくさんつけたヤマユリは残念ながら
虫による被害で折れてしまいました。

ノカンゾウが咲いていました。

万葉植物園に咲くインドハマユウ


6月20日

先日折れていたヤマユリの再生を試みています。
果たして咲いてくれるのでしょうか?

 

上総の農家の水田脇のため池の半夏生の葉が白くなり、花も咲き始めました。(左)
ウツボグサの群生もあちらこちらで見られます。(右)

 

掘割広場脇には桔梗の花(左)が咲き、上総の畑にはごぼうの花(右)が咲いています。

 

お祭り広場や駐車場入口のネムノキの花が咲き始めました。(左)
オカトラノオはあちらこちらで群生が見られます(右)

6月13日

30個近い蕾を付けたヤマユリがありました。
開花が楽しみです。