職員紹介

房総のむらで働く職員をご紹介します。
 

役職 氏名 コメント
館長 藤田 武  房総のむらは、緑豊かな里山と歴史を感じる多くの古墳に囲まれた環境にあります。房総半島に暮らす人々は、生活の中から様々な技術を育み伝承してきました。房総のむらでは、そのような生活や伝統を「体験」から感じ取ることができます。豊かな自然やものを作る喜びを「体験博物館房総のむら」において味わってみてはいかがでしょうか。
副館長 小久貫 隆史  
管理課長 大堀 昭一  
管理課 板倉    裕子  
佐藤    雅美  
青山 真佐江  
大塚 四士子  
高瀬 俊介  
事業課 事業課長(兼任)
小久貫 隆史
 
広報・普及
グループ
グループ長
地引 尚幸
 
坂東 ひかり  
古山 千尋  
長谷川 美穂  
高橋 まどか  
商家グループ グループ長
高橋 覚

 

水島 美穂  
高原 伸允  
水村 遥  
宮内 里恵  
農家グループ グループ長
平山 誠一
かつては総の国と呼ばれ、やがて上総・下総・安房国の3つに分かれていました。この3つの地域で伝承され、受け継がれている江戸時代後期から明治時代初期までの農事歴、生活歳時記、手工芸などを習得した職員が指導します。是非体験してはいかがですか。
鈴木 啓太  
風土記の丘
グループ
グループ長
野口 行雄
日本の原始時代に興味を持っていましたが、風土記エリアの自然を対象とした活動の担当となりました。動植物については、興味はありますが知識が浅いためこれから学んでいこうと思っております。
白井 久美子