沿革

千葉県立房総のむら 沿革
昭和46年11月 「房総風土記の丘」建設決定。
昭和47年3月 「房総風土記の丘」起工式。
昭和48年6月 御子神(みこがみ)家住宅(重要文化財)移築。
同年3月 平野家住宅(県指定有形文化財)移築。
昭和50年11月 房総風土記の丘資料館完成。
同年12月 旧学習院初等科正堂(重要文化財)移築。
昭和51年6月24日 「房総風土記の丘」開館。
昭和56年4月 「房総のむら」建設決定。
昭和61年4月1日 「房総のむら」開館。
平成4年6月 「房総のむら」全施設公開。
平成16年4月1日 「房総風土記の丘」と「房総のむら」が統合し、「房総のむら」として公開。
平成18年4月1日 指定管理者制度の導入により、
(財)千葉県教育振興財団を管理者としてスタート。
平成21年4月1日 (財)千葉県教育振興財団が2期目の指定管理者
平成23年11月 開館25周年を記念して地域感謝祭を実施
平成24年11月23日 マスコットキャラクター「ぼうじろー」お披露目
平成26年4月1日 (財)千葉県教育振興財団が3期目の指定管理者
平成29年2月12日 入館者700万人突破