夏のアート・コレクション 「不思議の森の美術館 -美術の世界はとっても自由-」

概要

展示会場を冒険できる森に見立て、森から連想されるイメージとして、1)育む森、2)聖なる森、3)潜む森、4)棲む森、5)恵みの森の5つのコーナーに分けて、それぞれのイメージを連想させる作品を紹介します。作家の発想力、卓抜した技をご覧ください。

主な展示作品

  • 奥田家山《葉》書

  • 帖佐美行《香実と想鳥(集いのための酒器セット)》工芸

  • 近藤南海子《グレーの冬》洋画

  • 戸島甲喜《聖域の傳説》工芸

  • 陰里寿朗《構造上の森(街かも知れない)》彫刻

  • 杉原元人《更》日本画

  • 池田満寿夫《トラベラーズ・ジョイ2、くずれた土》版画

 

開催日時等

日時

 2019(令和元)年7月13日(土)〜9月23日(月・祝)

会場  第3展示室
入場料  <アート・コレクション共通>
 一般300円/高・大150円
 65歳以上、中学生以下、障害者手帳をお持ちの方及び介護者1名は無料
 *20名以上は団体料金(それぞれ2割引き)

fushigi1

奥田家山《葉》書

fushigi2

帖佐美行《香実と想鳥(集いのための酒器セット)》工芸

 

fushigi3

近藤南海子《グレーの冬》洋画

fushigi4

杉原元人《更》日本画
このページのお問い合わせ先
美術館