これからの展覧会

第3期コレクション展「美術と文学 −想を得る楽しさ−」

文学からイマジネーションを得て制作された絵画・版画・彫刻・工芸・書・雑誌などを紹介します。

《くずれた土》
 池田満寿夫版画集トラベラーズ・ジョイ2から
 1973年
 当館蔵

第3期コレクション展「カラフル!」

色彩には心を明るくしたり、穏やかにしたりするさまざまな力があります。芸術家たちが心打たれた目の前の現実の色を写したり、心象を投影して彩ったりしながら、色彩の力を信じて結実させた多彩な作品を御鑑賞ください。

《晩秋》
 富取風堂
 1955年
 当館蔵

第3期コレクション展「名品3 −クールベの嵐−」

本展では、特別にふくやま美術館、山梨県立美術館から借用したクールベの作品を当館所蔵の《嵐》と共に展示します。また、当館が所蔵する作品の中から、佐倉ゆかりの浅井忠をはじめ、ミレーなど特に鑑賞の要望の高い作品を厳選して紹介します。

《嵐》
 ギュスターヴ・クールベ
 1865年頃
 当館蔵
展示期間  令和4年7月 27 日(水)〜 9月 19 日(月・祝)
料  金

 第3期コレクション展共通券
 一般 300(240)円
 高・大生 150(120)円
 ※(   )内は20名以上の団体料金

 中学生以下・65歳以上・障害者手帳をお持ちの方と介護者1名は無料


 

※詳細は、近日中にお知らせいたします。
※ご来館、ご見学に当たっては、「新型コロナウイルス感染拡大防止へのご協力のお願い」をご覧ください。