体験交流員のページへようこそ!
体験交流員は、学習プログラムや子どもの体験学習指導・入場券売り場での案内業務などを行っています。
ここでは体験交流員がプロデュースした体験プログラムをご紹介します。

 


 



  
 
お子様(親子)向けの体験プログラムです。紙芝居や工作、ゲームなどを行います。保護者同伴でご参加ください。
(土日祝、13時から30分程度)
『楽しいおはなしをきいて、あなたも生き物にくわしくなろう!』

紙しばい
「ムカデくんとヤスデちゃん」「およげミジンコちゃん」「だんごむしのころちゃん」

体験交流員による紙しばいのあとに、実際に生き物を観察するたいけんなどをご用意しています。

クリックで紙しばいの一幕を表示
『想像をふくらませて....この石は何に見える?』

石に絵を描こう



身近にある石に絵を描いてみましょう。

自分の作品はお持ち帰りできます。

石に絵を描こう
 『はっぱのかたちをくらべながら、絵を完成させよう!』

はっぱでおえかき



いろいろな葉っぱを使って絵をかいてみましょう。「こすりだし」という手法で、だれでもかんたんに葉っぱのもようをうつしとれます。
はっぱでおえかき
プログラムはこれからも増やしていく予定です。
※内容は季節や天候により変更することがあります。


 
中央博案内所

化石や土器、植物の種などの本物の標本にさわることができます。子供向けのワークシートもご用意してあります。

ミジンコやカブトムシなどの生き物の展示もあります。
絵文字:虫眼鏡これはなんだろう?

まず本物の標本にさわって、いったい何なのか考えてみましょう。 
これはなんだろう
絵文字:虫眼鏡おきにいり新聞

新聞記者になって、博物館の新聞を作ろう。
おきにいり新聞
絵文字:虫眼鏡中央博調査隊

調査隊員になって、博物館の中をたんけんしながら調査しましょう。
中央博調査隊
 絵文字:虫眼鏡はくぶつかんぬりえ

ナウマンゾウなど、17種類の中から一人一日一セット(2枚)を選んでぬってみよう。
ぬり絵
 絵文字:虫眼鏡おえかきっこ

毎月のテーマに沿って、好きにえがきましょう。
おえかきっこ
 
絵文字:虫眼鏡生き物の展示もあります
水槽のなかにはミジンコの仲間がいっぱい泳いでいます。オカメミジンコの動きを顕微鏡を使って撮影しました。
ミジンコの水槽
 
※プログラムの内容は季節や天候などにより変更することがあります。


他にも楽しいプログラムを用意して待っています。詳しくは教育普及課もしくは体験交流員までお問い合わせください。