千葉の県立博物館
 
トップページ > お知らせ> 公開シンポジウム開催のお知らせ 
公開シンポジム開催のお知らせ
 下記のとおり、博物館資料の救済に関する公開シンポジウムを開催いたします。入場は無料です。先の震災に際し、実際に博物館資料の救済に携わった東北の各博物館の学芸員3名の発表と総合討論を予定しています。是非ご参加下さい。

【タイトル】
  博物館資料はなぜ救済されなければならないのか?-東日本大震災の教訓-

【日  時】
  平成25年2月28日(木)13:00〜16:00(終了しました)

【会  場】
  千葉県立中央博物館 講堂

【定  員】

  200名(当日先着順) 入場は無料です

【内  容】
  • 講演1「震災における博物館の被害と復旧の現状 -陸前高田市の事例-」
          (岩手県陸前高田市立博物館 主任学芸員 熊谷 賢)
  • 講演2「大災害と博物館 〜岩手県の現場から考える博物館資料救済と関連する諸事情〜」
               (岩手県立博物館 学芸部長 大石 雅之)
  • 講演3「福島県における文化財レスキュー -原発事故による影響と博物館の役割-」
               (福島県立博物館 学芸員 竹谷 陽二郎)
  • 総合討論「博物館資料救済の合意形成にむけて」 
 ※このシンポジウムについて、詳しくはこちらをご覧下さい。
 
収蔵資料検索
 
千葉の県立博物館 デジタルミュージアム
 
千葉県立美術館博物館評価
 
千葉県博物館協議会